SEO担当者必見!集客効果の高いキーワードの選定方法!

SEOで集客効果の強いキーワードって何かありますか?
時事ネタ・ツール・SNS分析の組み合わせがおすすめやで~

SEO対策を考える時に、まず避けては通れないのが「キーワード選定」です。

ただ、キーワード選定の重要性は分かっていつつも、具体的にどうすればいいのか分からないという人は多いのではないでしょうか?

特に初めてアフィリエイトやブログに取り組む人ほど、キーワード選定の重要性は理解しつつも、具体的な手順に悩んでいる傾向が強いと思います。

そこで、今回は誰でも簡単に実践できる、集客効果の高いキーワードの選定方法について紹介したいと思います。

 

SEOのキーワード選定のコツ!
  1. ツール依存は避ける
  2. 時事ネタを組み合わせる
  3. リスティングを悪用する

今紹介した3つの方法を組み合わせれば、比較的誰でも簡単にSEO対策とキーワード攻略が可能になります。

例えスモールキーワードや弱小キーワードであったとしても、狙ったキーワードで上位表示が出来るようになると、とても気持ちいいので、

今回解説する記事を参考にして、あなたもぜひSEOのキーワード選定をマスターして下さいね!

 

なぜツール依存のキーワード選定は稼げないのか?

なんでツールだけでキーワード選定しちゃダメなんですか?
ライバルだらけで消耗戦になりがちやからやで。

あなたも一度は、キーワード選定を行う時に「キーワードプランナ―」や「Search Console」などでキーワード選定を行おうとした経験はありませんか?

確かに、ツールからキーワード選定をすれば実際にアクセスのあるキーワードが分かるので、SEOさえ上手くいけば収益化が簡単にできそうなイメージがあります。

ですが、ツールだけでキーワード選定をしようとすると、中長期目線で見ると苦しくなっていくと言えます。

ツール依存だとSEOが苦しくなる理由

  1. 激戦キーワードはまず勝てない
  2. 激戦ジャンルはマネーゲーム化している
  3. 一生、消耗戦を続けることになる

ミドルクラスのキーワードであれば、多少のライティングセンスと運があれば、ある程度狙ったキーワードで上位表示させることは可能です。

ですが、本当の激戦ジャンルになると、収益化に結び付かないキーワードですらSEOが大変になってきていて、完全な消耗戦に突入しつつあります。

この原因は、サイト作成者のほとんどがツールで提示されたキーワードに群がるため、ライバルが殺到し、お金にものを言わせたSEOができる業者だけが残り始めています。

画像

つまり、本当の意味でSEO対策から解放されたいのであれば、キーワードツールに依存するのではなく、独自の手法でキーワードを開拓できる力が求められるということです。

そして、今回紹介する方法をあなたがマスターすれば、ツールに頼らずに集客効果の高いキーワードが発掘できるようになるので、あなたもぜひ今回解説する内容をマスターして下さいね!

 

SEOが簡単で集客効果バリバリのキーワード選定の方法!

SEOの難易度が低く、集客効果の高いキーワードが選定できれば、誰も苦労はしませんよね?

ですが、次に紹介するような方法を試せば、あなたも簡単に集客効果の高いキーワードで上位表示を達成させることができるようになります。

  1. 時事・年号・SNSを組み合わせる
  2. ライバルサイトから盗む
  3. リスティング枠を避けながら盗む

これらの方法をどれか1個でもマスターすれば、かなり簡単にSEOが簡単なのに集客効果の高いキーワードを見つけることができます。

どの方法も簡単に始められる方法ばかりなので、あなたもぜひ真似しやすそうなものからやってみて下さいね!

 

方法①:時事・年号・SNSを組み合わせる

方法 1
キーワードは
組み合わせる!

一番わかりやすくて、手っ取り早いのが「時事ネタ・年号・SNS」からキーワードを引っ張ってきて記事にする方法です。

例えば「カードローン」関連のキーワードがあるとするならば、それぞれ以下のような形でキーワードを作るのがおすすめです。

例「カードローン」

  • モアタイム対応済みのカードローンのまとめ!
  • おすすめのカードローン20〇〇年版!
  • カードローンはボーナス返済はアリなのか?

1つ目は「モアタイムシステム」という、銀行の振込営業時間の拡大ニュースが流れた時に使われたキーワードの組み合わせです。

2つ目は西暦を単純に組み合わせたものですが、何らかの時代や主流を知りたい人がよく使うキーワードなのでおすすめです。(結構実践している人も多いですが…)

3つ目は、Twitterのツイート内容やInstagramのハッシュタグなどを参考にして、気になったキーワードをそのまま記事に組み合わせたものです。(今回は「ボーナス返済」を組み合わせました)

こんな感じで、ツールには表れてこないキーワードを組み合わせて行くことで、アクセスは少なめでも成約率が高そうなキーワードを発掘していくことが可能になります。

 

方法②:ライバルサイトから盗む

方法 1
上位表示サイトは
何かの秘密がある

これは僕がよくアフィリエイターの時によくやる手法ですが「a hrefs」を使って、ライバルサイトのURLを登録し、ライバルの上位表示キーワードを盗んでいくという方法です。

「a hrefs」は月額ライセンスで99ドル掛かりますが、ライバルのキーワードをそのまま抜き出して、マネして記事を作ればいいので簡単です。

特に、自分と実力が拮抗している(か、それ以下)のサイトを登録しておけば、比較的簡単に上位表示が狙えるお宝キーワードと巡り合えるのでかなりおすすめです。

所詮、SEOは相対評価の弱肉強食の世界なので、弱そうなキーワードがあれば構わず攻めて行きましょう。

 

方法③:リスティング枠を避けながら盗む

方法 1
リスティングは
悪用が基本(笑)

SEOアフィリエイターにとって、最も頭を悩ませるのがPPCによるリスティング広告の人たちですよね。

ですが、サイトアフィリエイターからしてもリスティング枠はとてもおいしい情報が詰まっていることが多々あります。

リスティングの悪用方法

  1. リスティング枠が多いキーワードは避ける
  2. リスティングの説明文のキーワードは盗む
  3. 間違ってクリックしておこう(笑)

基本的にリスティング枠が多いキーワードは、SEOアフィリエイターにとっても激戦区であるケースが多いので、基本は避けるべきキーワードと言えます。

もちろん、SEOに自信があるなら攻め込んでもいいんですが、本当に激戦になると、スマホのリスティング枠だけで4枠を占拠しているのが今のGoogleなので、相手にするだけ無駄とも言えます。

逆にリスティング枠に記載されたmeta description(説明文)の部分に記載されたキーワードは、隠れたロングテールキーワードの宝庫である場合がほとんどです。

画像

このに散りばめられたキーワードを使って、記事を作成していくと、意外とSEOが簡単なのに成約率の高いキーワードにたどり着くことがあります。

もちろん、素敵なキーワードのリサーチが済んだ後は、お礼として、業者っぽいリスティング枠は丁寧にクリックをしておきましょう(笑)

番外戦術は何でもありなのが対GoogleのSEM戦略です(笑)

 

<!–

事例が掛けたら書くよ~

集客効果が強いキーワードを組み合わせた事例

んじゃ、実際にどういった

事例①
事例②
事例③

–>

記事タイトルの作成は「狭く・深く・専門的に」が基本!

以前も書いたけど、記事タイトルは「狭く・深く・専門的に」が基本やで!
伝えたいメッセージの分だけ記事を書いて行くんですな。

以前の記事にも書きましたが、ブログタイトルは「広く・遠く・かっこよく」作成するのに対し、記事タイトルは「狭く・深く・専門的に」書くのが基本です。

https://www.sasablog.biz/archives/2163

そのため、SEOのキーワード選定の基本は、どんどんマニアックでニッチなキーワードを発掘していき、小さいアクセスをコツコツと積み重ねていくことが一番勝率の高いブログ集客の方法と言えます。

画像

もちろん、SEOアフィリエイターと名乗るのであれば、ビックキーワードに挑戦していくことも大切なんですが、

ビックキーワードだけに依存すると、Google変動が起こる度に収益が増減するので、あまりおすすめできません。

それだったら、ビックキーワードとスモールキーワードの攻略バランスを自分で設定して作業をした方が精神的にも健全だと僕は思います。

画像

また、ビッグキーワードの攻略に関しては、スモールキーワードを一つ一つ攻略していくことで、段々と攻略に近づけるという側面もあるので、

まずは焦らず「自分のブログを育てる」という視点を持ちながら、一つ一つのスモールキーワードを攻略していくようにしましょう!

 

ツール依存のキーワード選定から脱出すればSEOは楽勝に!

画像テキトー

今回はツール依存のキーワード選定から脱出するために、SEOの攻略が簡単なキーワード選定の方法を解説しました。

いつまでもツールに頼ったキーワード選定しかできないと、最後は資本力にものを言わせたSEOに巻き取られることになります。

だからこそ、ツールによるキーワード選定は利用しつつも、独自のキーワード選定の技術を身に付けることがとても大切です。

まとめ「SEOのキーワード選定」は?

  1. ツール依存を避ける
  2. 独自のキーワード選定を身に付ける
  3. 小さい勝利を積み重ねる

自分のSEOの実力を正確に把握できるようになるほど、無謀な挑戦が減り、確実なSEOの成果が表れるようになっていくので、SEOの結果も早く出やすくなります。

まずはあなたがどれくらいの難易度までのキーワードなら攻略できるかを、スモールキーワードの攻略から初めて試して行きましょう。

今回話したSEOが簡単なキーワード選定の方法は、アフィリエイト・ブログに限らず、あらゆるWEB担当者に応用できる話なので、あなたも今すぐ試して下さいね!

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真面目な」オンラインサロン

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG