売上と検索順位を上げるアフィリエイトの記事構成とは?再現性の高いライティング方法を現役アフィリエイターが分かりやすく解説!

アフィリエイトの記事構成ってどうすればいいんですか?
売れる基本的な文章構成を真似すればいいだけやで!

アフィリエイトを始めたばかりで、どういう記事構成にしたらいいのか分からずにあなたは悩んではいませんか?

記事作成に慣れていないと、記事の書き方や構成に悩んでしまって、それだけで時間が過ぎてしまいますよね。

もし、あなたがアフィリエイトの記事構成を素早く作れるようになりたい、アフィリエイトで売れる記事構成を知りたいと思っているのなら、次の3つの基本を押さえておくことが大切です。

 

売れる文章構成の基本!
  1. 文章の基本型を知っておく
  2. タイトル・見出し・リードに拘る
  3. スクロールを止める工夫を凝らす

アフィリエイトの記事作成の場合、基本となる文章構成のパターンさえ覚えておけば、あなたも簡単に記事を書けるようになります。

また、記事作成に掛けられる時間があまりない場合でも、記事タイトルや導入文、広告の位置を適切に調整することで、訪問者に対して効率よくアフィリエイトリンクをクリックさせることが可能です。

そして、適切な記事構成をマスターできれば、アフィリエイトの成約率がアップするだけでなく、GoogleのSEO対策にも繋がるので、集客効果もアップします。

それだけ適切な文章構成はとても大切なので、もしあなたが本気でアフィリエイトで稼ぎたいと考えている時は、これから話す「売れる&上位表示する文章構成」をぜひマスターして下さいね!

今回はアフィリエイトの記事構成についての話を中心に解説しますが、

もしあなたが売れる記事の作成方法について詳しく知りたい場合には、「本当は教えたくない売れるライティングテクニック12選!」を参考にして下さい。

また、アフィリエイトの基本的な稼ぎ方については「アフィリエイトでおすすめの稼ぎ方」を参考にしましょう。

参考記事

 

なぜアフィリエイトでは記事構成が大切なのか?

どうして、そんなに記事構成が大切なんですか?
時間短縮・成約率・SEO対策に関係するからやで!

アフィリエイトに限らず、ブログでも同じことが言えますが、記事の構成作業というのは、とても大切な作業です。

というのも、記事構成をきちんと考えることによって、その後にある記事作成の時間短縮や、成約率の改善、SEO対策による上位表示、などを期待することができるからです。

記事構成が大切な理由

  1. 作成時間の短縮
  2. 成約率の改善
  3. SEO対策

そして、稼いでいるアフィリエイターやブロガーは例外なく、この記事構成の大切さや重要性を口を酸っぱくして言っています。

最後まで読んでもらうには、「記事構成」と「読みやすさ」も特に重視すべきです。

※引用元:kazoku Smile「【まとめ】アフィリエイト記事の書き方」より

ブログと異なり、悩み解決を目的としたアフィリエイトサイトの場合、記事の構成にはある特徴があるんです。

その特徴とは、「稼いでいるサイトほど、文章構成が似ているサイトが多い」ということです。

全く同じではありませんが、非常に似ているページが多い!

※引用元:ホワイトハットな日々?白鳩ブログ?「【保存版】アフィリエイトの文章構成テンプレート3選」より

記事構成案は分かりやすく例えると記事の骨組み。ライティングを始める前に構成案を作っておき記事全体の流れを把握しておくことで、読みやすい記事を提供できます。

企業の場合だと、編集者が記事構成を作成→ライターへ渡すという流れが一般的ですが、ブロガーやアフィリエイターもまずは記事構成を練るべきです。

WEBライティングの重要要素となるキーワード選定と同じく大切なので、記事構成案を作れるようにしておきましょう。

他にも沢山のブログ記事やサイトで、記事構成の重要性が言われていることを考えると、アフィリエイトで稼ぎたいのなら、まずは記事構成をきちんと覚えることが大切なのかが分かるはずです。

サイト作成の基本は「キーワード選定・タイトル作成・見出し構成・本文作成」の4ステップに分かれますが、

今回はその中でも見出し構成のステップについて解説をします。

その他の情報については、それぞれ下記の記事を参考にして下さい。

参考記事

 

売れるアフィリエイト記事の構成ポイント!

アフィリエイトで売れる記事構成ってどんなものがあるんですか?
売れる文章の基本形を真似すれば基本大丈夫やで!

アフィリエイトに限らず、ブログ・論文・説明文など、読み手の反応が取りやすく、読んだ後に納得感が産まれる文章のパターンは実際に存在します。

実際、売れている人の文章の構成パターンは似ているので、ある程度、文章に書きなれてくると、「この人の文章校正は売れるだろうな」というのが見分けがついてくるようになります。

 

売れる文章構成の基本!
  1. 文章の基本構成を覚える
  2. タイトル・見出し・リード文にこだわる
  3. スクロールを止める工夫をする

今回は細かい文章テクニックまで含めて解説するので、一度に覚えきるのが難しいと思います。

なので、まずは1つ1つのテクニックをきちんと理解して、自分のスキルにして落とし込んでから、次のステップに進んでいくことが大切です。

技術やスキルと言うのは、一朝一夕で身に付くものではないので、今回解説する内容を何度も読み返して、自分の技として身に付けるようにして下さいね!

 

参考:最短の文章上達の方法は?

ちなみに、記事構成の一番の上達方法は、「マネしたい!」と思う人の記事構成を「何度もマネして練習すること」です。

昔から「”まねる”は”まなぶ”」と言うので、いい記事だなぁと感じた時は、

  • なぜ良かったのか?
  • 自分との違いは何か?
  • どこをマネするか?

これらを一つ一つ分析していきながら、一つでも多くのマネできる部分を探していく事が大切です。

闇雲にテクニックやノウハウを漁るのではなく、一つの技を徹底的にマネして覚えることが記事上達の最短ルートなので、あなたも焦らず1つ1つの技術をマスターして行ってくださいね!

 

ポイント①:文章の基本構成を覚える

point 1
売れる構成は
大体同じ

実は、アフィリエイトで売れる文章構成は大体同じで、「この基本構成に従って記事を書けば、どんな素人でもそれなりの文章構成で記事が書けますよ」という基本パターンがあります。

売れる文章構成の基本

  1. SDS(エス・ディー・エス)
  2. PREP(プレップ)
  3. QUEST(クエスト)

他にも、AIDA(アイーダ)とかPASONA(パソナ)とか色んな文章構成の基本がありますが、僕が普段からよく使うのは上の3つの文章構成の組み合わせです。

別に文章構成をたくさん使えるから売れる記事が書けるという訳ではなく、どれか一つを誰よりも完璧に使いこなせる人の方が今の時代は絶対に有利です。

特にアフィリエイト初心者の人であれば「SDS法」が一番簡単で分かりやすいのでおすすめです。

ちなみに、芸能人や著名人の文章がスカスカでも人気なのは「その人個人に魅力(興味)があるから」であり、その人の文書がうまいからではありません。

その証拠に、何か特定の情報を検索したときに芸能人や著名人の記事が一切ヒットしないのは、彼らの記事がSEO的には価値がないからです。

ですが、彼らは彼ら自身に魅力があるので、そういった戦い方ができるだけです。

なので、僕ら”凡人側の領域の人間”は、まずは売れる記事の基本形を学ぶことがとても大切です。

 

文章構成①:SDS(エス・ディー・エス)

画像(SDS)

SDS(Summary・Details・Summary)法と呼ばれる記事構成は、とてもシンプルで、初心者アフィリエイターや駆け出しブロガーにはとてもおすすめです。

SDS法の基本構成

  • Summary ⇒ 記事の概要or主張
  • Details ⇒ 記事の根拠を論証
  • Summary ⇒ 結論(主張)

この文章構成のいいところは、素人でも誰でも簡単にそれなりの体裁の整った記事が書けるので、外注ライターへの指示出しにも使いやすい点にあります。

実際、Twitterやブログなどの文章構成の解説で多いはこのSDS法のパターンであり、それだけ分かりやすく扱いやすいことが分かります。

文章量を多くしたければDetailsパートの根拠や論証の見出しを増やしていけば、簡単に文字量を増やせるのも、分かりやすい記事構成として人気です。

SDS法の文章例「脱毛サロンの予約」

(Summary)
脱毛サロンの予約には、2週間以上前に予約することが大切です。

(Details)
と言うのも、2週間前では脱毛周期に合わせた施術が出来ないこと、人気サロンでは2週間前には予約で枠が埋まってしまうことなどがあるからです。

(Summar)
なので、脱毛サロンの予約は必ず2週間以上前にして余裕をもって申し込みましょう。

例文は文章量が短いので、強引な文章になりましたが「主張⇒根拠⇒主張」の構成になっているので、記事に一定の説得感を出すことができます。

このSDS法と言われる記事構成が、今のアフィリエイターやブロガーの主流の方法なので、まずはここからマスターしていくことをおすすめします。

 

文章構成②:PREP(プレップ)

画像PREP

PREP(プレップ)と言うのは、SDS法よりも説得力やライターの個性を出しやすい記事構成の方法として人気の手法です。

PREP法の解説については、wikipediaさんが分かりやすかったので、そのまんま引用。

PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられる。

PREP法における「PREP」とは以下の

・P=Point(結論)
・R=Reason(理由)
・E=Example(事例、具体例)
・P=Point(結論を繰り返す)

の頭文字を取っている。最初に結論を伝え、次にその理由を説明、事例で理由を補強し、最後に結論を再度提示するストーリーを展開する。

※引用元…wikipedia「PREP法」より

この方法は、SDS法と比べると、単なる事実や根拠の列挙ではなく、主張に対する理由と具体例を提示する必要があるので、より書き手の世界観が伝わりやすい記事構成となります。

と言うのも、SDS法の場合は、事実や根拠の列挙となりがちなので文章全体が味気なく、論文のような構成になりがちです。

一方、PREP法の場合「なぜこういう主張なのか?」「その主張となる根拠の事例はこれだからです」と、自分の中にある主張の理由や根拠を提示する必要があるので、自分の意見を簡潔に分かりやすく言いたい時におすすめです。

PREP法の文章例「脱毛サロンの予約」

(Point)
脱毛サロンの予約は2カ月前に済ませることが大切です。

(Reason)
と言うのも、人気の脱毛サロンになると、2カ月以上前に申し込まないと予約が取れないからです。

(Example)
実際私も、〇〇という脱毛サロンに予約をした時は、3カ月待ちになりとても後悔しました。

(Point)
なので、脱毛サロンの予約を取る時は、必ず2カ月以上前に取るようにしましょう。

PREP法の場合、他のアフィリサイトやブログと同じ主張(point)が出ていたとしても、結論を導くための「Reason」や「Example」の内容に違いがあることで、

他のライバルサイトにはない独自の視点を掛けるようになり、他者とは違った記事を書けるようになるのがポイントです。

 

文章構成③:QUEST(クエスト)

QUESTと呼ばれる記事構成は、セールスレターやアフィリエイトサイトでは最も基本的なライティングの手法で、僕がもっとも多用する記事構成の方法です。

1.Qualify(絞り込む)
2.Understand(共感する)
3.Educate(啓発する)
4.Stimulate(興奮させる)
5.Transition(変化させる)

※引用元:SEO検索エンジン最適化「QUESTフォーミュラ: 効果的なセールスコピーの書き方」より

たぶん、大抵の売れる文章が書けるアフィリエイターは、意識的にしろ無意識的にしろ、この記事構成に近いものを書いていると思います。

たぶん、QUESTという言葉を使わずに、近い感じで説明しているのはマナブさんの記事かと思います。

① 問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。
② 結果の明示:あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。
③ 結果の根拠:②で示した結果が出る根拠を伝える。
④ 行動:読者の行動は?(マネタイズ設計)

ただ、彼の書き方になると、「Stimulate(興奮させる)」や「Transition(変化させる)」のステップが抜けており、「Education(教育)」の部分で止まっている感じがするので、

アフィリサイトやレター作成としてはややパンチ不足な印象があります。

とは言え、彼の場合は、ブロガーとしての記事の書き方の説明なので、アドセンス広告をクリックさせることが主目的なのであれば、このくらいのゆるいQUESTの方が良いのかもしれません。

なんにせよ、実績を残しているアフィリエイターやブロガーは、まず間違いなく自分なりの文章の型を持っているので、

今回紹介した記事構成の方法を、ぜひあなた自身のアフィリエイトサイトやブログに生かして下さい。

ちなみに、今回は記事構成を中心にして話しているので、対象決定の重要性や記事タイトルの重要性は全て割愛して話しています。

なので、これらの記事作成の最も根幹となる「記事タイトルの作成や対象決定の基本的な部分」については、下の記事を参考にして下さい。

参考記事

 

ポイント②:タイトル・見出し・リード文にこだわる

point 1
タイトルと
リード文が命!

アフィリエイトの記事構成の基本を知ったら、いよいよ実践的な作業にはいるんですが、作業全体で最も力を入れるべきは「記事タイトル・見出し・リード文」の3か所です。

動画挿入枠

これは、実際に僕がささみサロンの勉強会の時に見せていた作業風景ですが、かなり記事タイトルや見出し構成に時間を掛けていることが分かると思います。

特に記事タイトルに関しては「SEO対策の要件を満たしつつ、ユーザーに興味を沸かせるタイトル」を作る必要があるので、この辺は何パターンも作りながら考えることが大切です。

また、記事タイトルが完成した後は、ポイント①で解説した「QUEST・SDS・PREP」を組み合わせながら見出し構成を考えていきます。

そして、最後にリード文を考えていき、運よく記事タイトルをクリックして訪問してきた人たちに、この記事の概要やメリットなどを伝えていく流れになります。

 

画像

基本的には上の画像のようなイメージで記事を作成していけば問題ありません。

そして、上の画像で言えば「タイトル h1(記事タイト) ⇒ 見出し h2 > リード文」の優先順位で内容を詰めていく感じです。

 

記事タイトル

記事タイトルの作成方法については、以前「キーワードを使った効果的な記事タイトルの作り方!」で解説しました。

記事タイトル作成の基本!

  1. キーワードはタイトルの左側に
  2. 数字や具体性を入れてインパクトを出す
  3. Googleのルールに従って作る

基本的には上のルールを守って記事タイトルを作成することが大切です。

特に「どんな人に来てもらいたいのか?」を具体的な人物想定をして記事タイトルを作成してくと、記事タイトルや記事本文の内容も定まりやすいです。

ちなみに、一昔前は32文字ルールがありましたが、今は「32文字目までに目標キーワードを挿入する」のが記事タイトルとキーワードの基本的な戦略になります。

この辺の詳しい理由についても、下の記事を参考にして下さい。

参考記事

 

見出し構成

見出し構成の方法については、ポイント①で話した通り「SDS・PREP・QUEST」のどれかを採用してくれたら問題ありません。

また、ライバルサイトよりも文字数を圧倒的に増やして戦いたい場合には、この見出し構成の内容や数で勝負が決まります。

ちなみに、SEOの観点から見た場合の見出しタグの基本ルールは以下のと入りです。

見出しタグの基本ルール

  1. ページ構成以外には使わない
  2. h1タグは1ページにつき1つだけ
  3. 見出しタグの順番は守る

基本的にはこれらのルールを守って見出しタグを使えば、SEO上でマイナス評価になることはありません。

ちなみに、見出しタグの構成についての解説は「サルワカ」や「バズ部」などで詳しく解説されてあるので参考にして下さい。

それと、見出しタグの順番のルールは以下の画像の通り。

 

画像

 

h1タグは1記事1回(wordpressの場合、大抵はブログタイトルか、記事タイトルに埋め込まれている)にして、

残りのh2以下の見出しは、上の画像のような入れ子をイメージして使うと、きれいな記事構成と見出し構成が完成します。

 

リード文

リード文とは「検索エンジンやSNSから遷移した時に、ユーザーが最初に見る文章」のことです。

そのため、記事タイトルに合致したリード文を作成しておくことで、SEO対策や離脱率改善にもつながる、非常に重要なパートとなります。

リード文作成のポイント

  1. 対象を絞り込む
  2. この記事で得られるべフィットの提示
  3. この記事全体の概要

リード文の作成方法については、色んな解説サイトがありますが、分かりやすく言えば「見込み客を絞り、彼らに対してこの記事の概要とベネフィット(利益)を伝えること」が全てです。

例えば「カードローン審査」などの記事のリード文を作成するのであれば、以下のような例文となります。

リード文の例「カードローン審査」

(対象の絞り込み)
お金に困って今すぐ借りたいと思っているあなた!

(ベネフィットの提示、記事の概要)
この記事を読めばあなたもカードローン審査に通るポイントが全て分かりますよ。

ちなみに「リード文は150文字~300文字に抑えましょう」と言う人もいますが、そこまで厳密に文字数を意識する必要はありません。

むしろ、想定した見込み客に対して、過不足なく記事を通じてのベネフィットや概要を伝えることに注力することが大切です。

リード文と言うのは、書籍や論文で言えば「プロローグやはじめに」に当たる部分です。

なので、大抵の著者は、冒頭で問題提起や本書概要を書いて「読み手に何の情報(ベネフィット)があるか」を提示し、読み手にとって必要な情報であるか否かを判断してもらう重要なパートになります。

ちなみに、応用的な話をすると、離脱率の高いページに対しては、リード文の見直しをするだけで離脱率が改善するケースは多いです。

詳しくは、下記のリード文の作成方法を参考にして下さい。

参考記事

 

ポイント③:スクロールを止める工夫をする

point 1
スクロールを
辞めさせる

今は完全なスマホファーストの時代になっているので、以下に「戻るやスクロールを辞めさせるか」を考えることが大切です。

以前、「バカでも分かるレベルに書く」と書きましたが、

スマホを使う人の大半は「暇つぶし」でいじっている訳なので、彼らを対象にして記事を書く時は「脳死状態でもストレスなく読める文章(≒バカでも読める文章)」が大切になります。

一方、何かの情報収集や知りたい情報があるユーザーに対しては、以下にこの記事(ページ)はE-A-Tが高いかを直感的に信じてもらう努力の方が大切になります。

ただ、どちらにしろ両方のケースに共通して言えることは「スクロール(離脱)を辞めさせるために、工夫が必要」という事です。

スクロールを辞めさせるには?

  1. 見出しだけで内容が分かるように
  2. 画像挿入でスクロールを止める
  3. 適切な位置にリンクを配置する

どれもテクニックとしては地味な手法ですが、地味な手法でも積み重ねることで、離脱率や直帰率の改善が起こり、広告のクリック率が高まります。

特にこれらのスクロール防止や離脱率改善のテクニックについては、大手のアダルトサイトがとても参考になるので、

本気でサイトデザインの改修作業をしたい場合は、大真面目にアダルトサイトを参考にすることをおすすめします。

 

スクロール対策①:見出しだけで内容が分かるように

スクロール対策の一番手軽な方法としては、リード文直後に表示される見出し一覧を読んだだけで、記事全体の概要が頭の中に入るようにすることです。

特にノウハウ系のサイトを作成する時は、見出し自体がまとめでありテクニックになっている状態を作ると、ユーザー側も欲しい情報だけ素早く抜き取ることができます。

画像

画像は「SEO対策で効果的なライティング」の見出し構成のキャプチャですが、

こんな感じで、見出しを見た瞬間に各ユーザーが欲しい情報を素早く抜き出せるように体裁を整えてあげることも大切です。

 

一方、トレンドブログなどの読み物的な記事に対しては、訪問者の欲望を刺激するような「これって何なんだろう?」と思える見出しを作っていく事が大切です。

画像

電車の中吊り広告にあるような週刊誌の見出しは、低俗な香りがプンプンしますが、参考になる部分はとても多いので、トレンドブログ系の手法をする時には、これら週刊誌の見出しはとても参考になります。

 

スクロール対策②:画像挿入でスクロールを止める

スクロールの防止対策として、次に有効なのが画像挿入を適切なタイミングで挿入していくという方法です。

人間、文字だらけの情報だとどうしても目が疲れてしまい、読むのが面倒になってしまいます。

そこで「たぶん、この辺で画像を入れた方がいいよな~」という部分で、適切に画像等を挿入して行って、ユーザーが記事を読んでくれる時間を延ばす対策が有効です。

画像挿入のタイミング

  1. 各見出しの直後
  2. 文字だけでは伝えにくい情報があるとき
  3. 訪問者に対してイメージを広げさせたいとき

基本的にはこれらのタイミングで画像等を挿入してあげると、記事の読んでくれる時間が伸びていく傾向にあります。

この辺りの詳しい分析については「ミエルカ」や「User Heart」などがおすすめです。

画像

赤文字で表示されているところが読まれている部分になるので、読まれなくなった箇所からまた調整を繰り返していくことで、段々と記事全体が読まれるように成長していきます。

 

スクロール対策③:適切な位置にリンクを配置する

最後のスクロール対策としては「適切な位置にリンクを配置する」ということです。

アフィリエイターやブロガーの最終的な目的は、ユーザーに有益な情報を与えることではなく「広告をクリックしてもらうこと」なので、

ユーザーが離れて行きそうなタイミングで広告リンクを挿入してあげることは、実はスクロール防止策としてはかなり効果的なんです。

要は「離脱される位なら、広告先に飛んでってよね!」と、離脱されやすいポイントで的確に広告リンク(ないしは内部リンク)を設置することで、サイト全体の収益アップを狙うのがこの方法の目的です。

ユーザーの離脱ポイント

  1. リード文直後
  2. 記事本分の文中
  3. 記事の文末

基本的にはこれらの位置で、ユーザーは「戻る」を選択するか記事を読み続けるかを選択することになります。

スクロール対策②で紹介した、ミエルカなどを活用して、離脱が起こるポイントにあえて広告を入れることで、広告のクリック率を高める方法がおすすめです。

リード文直後にほとんどのサイトが広告を入れているのも、そういった離脱されやすいポイントを直感的にも知っているからだと言えます。

 

記事構成の上達法はうまい人の記事をマネすること!

うまい人の記事をマネすることがライティング上達のコツなんですね。
「まねび」から「まなぶ」が生まれるとはよく言ったもんやで!

今回はアフィリエイトの記事構成の方法について、あまり他の人が解説しないようなテクニカルな視点から解説をしてみました。

記事構成の一番の上達方法は「毎日書くこと」ではなく、「うまい人の記事を毎日マネすること」です。

闇雲に毎日記事を書いても我流で変な癖がつくだけで、売れる文章になるかどうかは運次第になってしまいます。

記事構成の上達方法!

  1. 売れてる人の記事を真似る
  2. 参考にしたい人の記事を真似る
  3. 毎日マネして書いてみる

実際、売れている人の記事構成はその独自の型に当てはまっていることが多く、何十本も読んでいれば大体のパターンを見つけることができます。

なので、記事構成やライティングを上達させたい時は、「実際に結果が出ている人の記事」や、あなたが「マネをしたい」と思える記事を見つけて、

その人の記事をとにかく読み込んでマネしていく事が最短ルートとなりやすいです。

そして、芸能人的ポジションで書いている人の記事を除き、売れている人の記事構成のほとんどが、今回紹介したSDS・PREP・QUESTの型に沿っているケースがほとんどなので、

今回紹介した内容を踏まえて、ぜひあなたなりの記事構成の型を掴んで下さいね!

 

参考:「起承転結」型の記事は避けた方がいい

ちなみに、アフィリエイトやブログの記事おいては「起承転結」型の文章構成は売れません。というか、「起承転結」型は読者が混乱するだけなので避けた方が無難です。

起_記事テーマを示します。結論を提示する場合もあり。 

承_テーマについて一般的な解説をしたり例を述べる。

転_気づきを促すような意外な事例を提示する。

結_結論とまとめ。

(中略)

起_9割以上がビッチ?!童貞を卒業できる噂の出会い系サイトを使ってみた

承_モテない男性でも可愛い女の子と出会える!しかも童貞卒業も叶っちゃう!?

転_モテない≠ヤれない。自分に自信がないだけ。ネット上ならチャット感覚で簡単マッチング。

結_童貞な僕でも佐○木希似の女の子とヤれた!登録はこちらから。

起承転結の記事構成の場合、、文章自体に説得感を持たせることができないだけでなく、文章全体の主旨がバラけてしまうので、必ず避けるようにしましょう。

実際、起承転結の記事構成がダメと言うのは、あらゆるサイトで言われている話です。

はっきり書きますが、起承転結は文学や詩文ならいざ知らず、論文やレポートに向いた構造ではありません。論文はあらかじめ行く先がわかっている文章です。小説のように予測できない話の展開や結論を楽しむものではありません。「転」が入っては論文としては失格です。

※引用元:小論文・レポートの書き方「起承転結はダメ」より

[設問]地方における高齢化問題を論じなさい。

起 … 現在、我が国では、地方における高齢化が問題となっている。
承 … 若者の多くが、東京などの都心部に流出していることや、少子化が背景にある。
転 … 一方、高齢化自体、必ずしも悪いことと決めつけることはできない。インターネットで情報や商品は手に入りやすくなり、福祉や医療などの整備で解決できる点もあるからだ。
結 … 以上から、??????????

このように、設問の種類によっては、起承転結は全く対応できないことがあります。なぜなら、起承転結は、あくまで漢詩や娯楽作品の構成であり、小論文の構成として、本質を外しているからです。

※引用元:受験ネット「起承転結で書くと低評価必至の理由」より

「転」と「結」が決まると非常に鮮やかなため、さまざまな文章読本や参考書でもてはやされています。

しかし悪いことは言いません。今日限り「起承転結」のことは忘れましょう。

特に論理的な文章を書くつもりならば、「絶対」と言って良いほど「起承転結」は使ってはなりません。

なぜなら「起」「承」「転」「結」それぞれのパートで「何を書くべきか」がはっきりしておらず、特に話題を変える「転」の部分でみな無理をするため、ここで多くの文章が文字通り「転んで」しまうからです。

※引用元:論文オンライン「「起承転結」は百害あって一利なし」より

小論文とウェブページでは意味が違うと思うかもしれませんが、ウェブページに掲載する記事が、小説ではなく情報なのであれば、

要点がぼやけてしまう「起承転結」で記事を書くのはライターとしては落第点としか言いようがありません。

起承転結で記事を書くより、SDSやPREPで記事を書いた方が相手に納得感を与えられる記事になるので、注意しましょう。

これは日本の国語教育の問題でもあるんですが、漢文とかで「起承転結」とかを教えちゃうせいで、下手糞な小論しか書けない学生を量産しているのでは?と思ったりします。

実際、海外の論文査読官も「起承転結」型の論文を見ると「主張が急に変わったけど、彼は何が言いたいんだい?」と?が出まくるらしいです。

WEBページを「整理整頓された情報が詰まった記事(論文)」と想定するなら、そういう意味でも「起承転結」型だけは絶対に辞めましょう。

 

ささみサロンではさらに詳しいライティングを解説します!

ささみサロンでは今よりもさらに踏み込んだライティングの話をするやで!
初月無料なので、ぜひ気軽に参加して下さいね!

ささみサロンでは「フロービジネスからの脱却」を目標に、日々サロンメンバーが自身のビジネス活動に取り組んでいます。

  • 副業としてアフィリエイトで稼ぎたい
  • アフィリエイトモデルから脱出したい
  • ブロガーとして安定的に稼ぎたい など

参加する理由は様々ですが、サロンメンバー全員が今のフロービジネスの状況から脱出したいと思って、真剣にサロンに参加してくれています。

また、ささみサロンでは、今解説したライティングの内容よりもさらに踏み込んだ話はもちろん、アフィリエイト、SEO、ストック型ビジネスの話をしています。

なので、もしあなたが今の状況から本気で抜け出したいと考えているのなら、ぜひささみサロンに参加して下さい。

特に初月無料で参加できるようになっているので、まずはサロン自体がどんな雰囲気なのかも実際に参加して確かめてみて下さいね!

 

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真面目な」オンラインサロン

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG