ささみりん流、アフィリエイトにおける「案件」と「ジャンル」の違い

アフィリエイトの「案件」と「ジャンル」は違う

この記事を書き起こそうと思ったのが、「アフィリエイトで稼げるジャンルの探し方!」を書いていた時。

僕の中でふと、

「案件」と「ジャンル」って言葉を使い分けていないな・・・

と違和感が走ったためです。

 

恐らく、大抵のアフィリエイターも「案件」と「ジャンル」と言う言葉を特に意識せずにごちゃ混ぜにして使っているシーンがあると思います。

僕も飲み会の席では、

「稼げる案件が~」
「稼げるジャンルを探す事が~」

と言った事を良く耳にしますし、口にしてきましたA ̄▽ ̄;)

 

けど、よくよく考えると、結構あいまいにして使っていたなぁと。

なので「案件」と「ジャンル」という言葉について、僕なりに再定義しようと思います。

 

「案件」には2つ意味がある

よくアフィリエイターは「案件選び」が重要と言います。

アフィリエイターが良く使う「案件」という言葉の意味を振り返ると、主に2つの意味で使い分けていると思います。

1.ASPの広告プログラム
2.カテゴリー

恐らく、このどちらかを指しているか、両方の意味を指している場合がほとんどです。

 

例えば「脱毛案件」と言えば、

・ミュゼ
・銀座カラー
・エピレ
・TBC

ってな感じで、具体的な商品名や広告プログラムが出せるのが「案件」です。

 

「稼げる案件」と「稼げない案件」
「良い案件」と「悪い案件」
「おすすめ案件」

こんな風に表現するのも、カテゴリー分けの意味が強いからなのだと思います。

 

「ジャンル」は、判断する人で結果が異なる

こうなると、「ジャンル」と「カテゴリー」の違いについて疑問が深まってしまったのですが、

僕の疑問を端的に解決してくれた素敵なページを発見しました。

カテゴリーとジャンルの違い!語源を知ればスッキリわかる
(「みやっちょのまめちっぷす」さまより)

 

簡潔に抜粋すると
「カテゴリ」・・・誰が見ても同じ分け方になる分け方
「ジャンル」・・・分ける人の感性で決められる

となるようです。

 

つまり、

・ミュゼ

という広告プログラム(案件)を、

「脱毛」に入れるのか、
「美容」に入れるのか、
「エステ」に入れるのか、

これらのジャンル分けは、判断する人によって結果が違うと言う事です。

 

元々カテゴリーとジャンルは意味が重なっている部分もあるので、あいまいな部分は残ってしまいますが、大分スッキリしました。

 

「案件」と「ジャンル」の違いまとめ!

話をまとめるとこんな感じです。

 

アフィリエイターが良く使い意味において、

「案件」とは
1.ASPの広告プログラム
2.カテゴリー

「ジャンル」
1.分別者の主観によって振り分けた広告プログラムの集合

 

「カテゴリ」と「ジャンル」の違いは

「カテゴリ」・・・誰が見ても同じ分け方になる分け方
「ジャンル」・・・分ける人の感性で決められる

と言うような感じで落ち着きそうです。

 

正直、まだ正しく伝わっているか不安過ぎるのですが、実際にこのブログやプライベートなアフィリ生活の中でも意識して使い分けて行こうと思います。

僕もまだまだ使い方は曖昧ですが、出来るかぎり明確に使い分けて、正しく伝わるように頑張りたいと思います(`・ω・´)ゞ

それでは本編の「アフィリエイトで稼げるジャンルの探し方!」にお戻り下さいませ~

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真面目な」オンラインサロン

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG