SEO対策の超基本!Googleの順位決定を決める要素を解説!

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月17日
  • SEO対策
  • 227View
  • 0件
この記事は

  • SEO対策の基本が知りたい
  • Googleの順位決定のルールが知りたい
  • SEOの基礎基本をきっちり固めたい

こんな事を考えている人におすすめです。

最近はGoogleのコアアップデートのおかげで、デタラメなSEO情報をドヤ顔で伝える人が激減したので、非常に胸のすく思いでおりますが、

それでも、まだまだ「何を言ってんだ?」状態の人が後を絶ちません。(特にSNS)

そこで今回は、Googleの公式アナウンスはもちろん、E-A-Tの高いサイト情報を参照しつつ、今のGoogleで最も通用するSEO対策の基本方針について解説したいと思います。

 

SEO対策の基本は3つのパートで考える!

画像

まず今のGoogleの順位決定は「外的SEO+内的SEO+RankBrain」の3つの合計点でほぼ決まるとGoogleが公式に発言しています。

そのため、Googleで上位表示を目指したいのなら「検索意図に沿ったコンテンツ、かつ、被リンクが集まりやすい記事を書くこと」が最も効果的なSEO対策と言えます。

SEO対策の基本的なルール
外的SEO
  • E-A-Tの高いサイトから被リンクを獲得する
  • 自作自演のリンク対策は当たり前に行われている
  • 低品質なリンクはペナルティの要因となる
内的SEO
Rank Brain
  • AIが機械学習でランキングを調整する
  • 主にロングテールキーワードで大きく影響
  • 内的SEOの延長線上の対策で十分

SEO対策を行って上位表示やアクセスアップを狙いたい時は、まずはこれら3つの基本的なルールを理解した上で、対策に臨む必要があります。

 

ちなみに、E-A-Tとは「Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略」で、サイト本体に一定の品質がないと特定のキーワードで上位表示させないと公式に発言をしています。

結論、E-A-Tを高める手っ取り早い方法は、E-A-Tの高いサイトから被リンクを獲得することですが、そのためには自サイトのクオリティを高める必要があります。

画像

要するに、今のGoogleで上位表示を狙いたいのなら「E-A-Tの高いサイトから被リンクが貰えるように、専門性の高いコンテンツ作成に注力すること」が最短ルートだと言うことです。

そのため、SEO対策を今から始める時は、まずは自サイトのコンテンツ作成(内的SEO)に注力し、コンテンツの拡充に合わせて被リンク獲得のための対策をするのが基本戦略となります。

 

SEO対策の基本①:内的SEO(検索意図に沿ったコンテンツ)

画像

内的SEOとは「サイトの内部構造や、htmlタグのソースを検索エンジン用に最適化する作業のこと」を指しますが、おおざっぱに分けて以下の3点を注力することが大切です。

内的SEOの基本

  1. 検索意図に沿ったコンテンツを充実させる
  2. 上質なページ数を増やし内部リンクの数を増やす
  3. 被リンク獲得につながるコンテンツを量産する

他にも、適切なHTMLマークアップであるとか、SSL化pagespeedの改善などなど、やるべき事は山ほどあります。

ですが、内的SEO対策で最も最重要するべき事は「どれだけ検索意図に沿ったコンテンツを充実できるか」で間違いありません。

そのため、SEO対策の初めの一歩としては「とにかく検索キーワードに対してのベストアンサーを返すことに全力を尽くす!」という方針で活動すればOKです。

 

内的SEOの成長戦略
  • STEP1.まずは検索意図に沿ったコンテンツの拡充
  • STEP2.定期的に過去記事の見直しや修正をする
  • STEP3.上位表示させたいページに内部リンクを張り付け

内的SEO対策を成功させたいのなら、基本方針としては上の手順で作業をしていけば大丈夫です。

基本的にGoogleは内部リンクが多く集まるページを上位表示させる傾向にあるので、戦略的なカテゴリー構成や記事構成を行う事は、内的SEOを成立させる上で非常に重要です。

参考記事

 

SEO対策の基本②:外的SEO(E-A-Tの高い被リンク獲得)

画像

外的SEO対策とは「他のWEBサイトからの被リンクを獲得すること」を指します。

一般的に、外的SEO対策と言うと、自作自演のリンク対策のことを指しがちですが、それは大きな間違いです。

外的SEO対策の基本

  1. 質の高い(E-A-Tの高い)被リンクを獲得する
  2. 関連性の高いサイトから被リンクを獲得する
  3. 自作自演のリンクも一定の効果がある

まず、どんな被リンクが外的SEOとして効果があるのかと言うと「E-A-Tの高いサイトからの被リンク」や「関連性の高いサイトからの被リンク」で間違いありません。

そのため、ホワイトな外的SEO対策を考える時は、これらの質の高い被リンクをどうやって獲得するかを戦略的に実践することが大切です。

 

ですが、初めのうちはどれだけ素晴らしいコンテンツを作成しても、無人島で叫んでいる状態なので、SNSなどを活用してWEB上の認知力を高めていく必要があります。

もしあなたのコンテンツが本当に魅力的で、第三者が思わずシェアしたくなるコンテンツなのであれば、SNS等で露出機会を増やしていく事で、少しづつ自然な被リンクを獲得できるようになります。

外的SEOの成長戦略

恐らく、多くのケースでは、WEBサイトの立上げ直後は自作自演のリンクが必要不可欠になります。

と言うのも、初期段階のWEBサイトは本当に誰にも見向きもされないので、内部リンクの力だけで上位表示を目指さなくてはなりません。

その結果、SEO対策で最も大切な被リンク対策の恩恵を受けるのに、ものすごい時間が掛かってしまいます。

画像

※画像引用元:YouTube「外的SEO対策はなぜ必要なのか?」より

要するに、初期の初期においては「ブックマーク・SNSでの宣伝・自サイトからの宣伝etc」適切な範囲内において自作自演のリンク対策を行うことが、外的SEOを加速させる重要なポイントに繋がるという事です。

実際、多くの法人サイトが自社のグループサイトをフッター箇所で相互リンクで結んでいたり、有名ブロガーがポートフォリオで相互リンクをしているのも、

リンクパワーと与えるためと、認知度を向上させるための狙いを一度に果たせるからです。

ちなみに、今のブックマークの多くは「nofollow属性」が付いていますが、今のGoogleは「nofollowは参考指標として使うだけだよ」と発言しています。

要するに、nofollowが付いているからと言って、必ずしもリンクパワーがなくなる訳ではないってことです。

なので、常識の範囲でセルフブックマーク等々を使って、WEB上の認知度を高めて行きましょう★

サロンでさらに解説!

 

SEO対策の基本③:Rank Brain(AIによる機械学習)

画像

Rank Brainとは「検索クエリとコンテンツの関連性を判断するAIベースの検索アルゴリズムのこと」を指します。

要するに、今のGoogleは「ユーザーが検索したい意図に沿った”ベストな検索結果”を返せるように、AIによる機械学習を採用するようになった」という事です。

画像

動画内では「アフィリエイト 稼ぎ方」「アフィリエイト 稼ぎたい」「アフィリエイト 稼ぐ方法」の3つの検索結果の事例を紹介しましたが、

実際に今のGoogleはこれらのキーワードで検索すると、似たような検索結果を返すようになりましたが、これは主にRank Brainの仕業だと言えます。

Rank Brainの対策

  1. 検索意図に沿ったコンテンツの充実
  2. クリック率、離脱率、滞在時間の改善
  3. 誤字脱字、回りくどい表現を避ける

Rank BrainはAIの機械学習によって精度が上がっていくものなので、僕らから直接的に何かをアプローチできるものではありません。

ですが、Rank Brainの影響を左右するものとして、以下のものがあると言われています。

Rank Brain

  1. どれだけ検索結果に表示したサイトがクリックされたか?
  2. サイトに訪問した直後にすぐに離脱していないか?
  3. そのサイトで長く滞在していたか?

これらの内容が機械学習によって積み重なり、各キーワードでより最適な検索結果を返そうとしているのがRank Brainの基本的な仕組みです。

これらを総括すると、内的SEO対策の延長線上にRank Brain対策があるという事ができます。

そのため、何か特別なことをしなくちゃダメと言うよりも、内的SEOの充実(検索意図に沿ったコンテンツの充実)が一番のRank Brain対策に繋がると解釈しておけばOKです。

ちなみに、2007年に行ったSEOMozの検証で「滞在時間が長くなると順位アップに貢献した」という小規模な実験結果があったみたいです。

上の実験結果を考えると、コンテンツを充実させて滞在時間を延ばすことは、やはりSEO対策にも何らかの良好な結果を返すと言えそうです。

 

今どきのSEO対策は一朝一夕では完成しない!

画像

今回はSEO対策の一番の基本である「外的SEO+内的SEO+RankBrain」の基本的な仕組みや攻略方針を解説しました。

ただ、結局、今も昔もGoogleのSEO対策の基本は「記事とリンクの組み合わせ」で決まるものなので、あまり小難しい事を考える必要はありません。

もしも、今回解説した内容をシンプルに解釈したいのなら「検索意図に沿ったコンテンツを充実させ、被リンクが貰えるページを増やす」のがGoogleで上位表示を目指す最良のSEO戦略だと思ってくれたら間違いありません。

 

もちろん、初めのうちは被リンク数ゼロの状態でサイトを立ち上げることになるので、誰もアクセスしてくれない日々が続きます。

そのため、必要に応じてSNSでの宣伝や、自サイトやブックマークを使った自作自演のリンク対策などで認知度を高めていく事が大切です。

そして、ある程度、WEB上での認知度が高まって来たタイミングで自作自演のリンク対策を辞め、ホワイトな外的SEO戦略に移行していくのが、最良のSEO戦略じゃないのかなと思います。

その他、ささみサロンでは今回解説した内容以外にも、色んなSEOの話を解説しているので、ぜひチェックして下さいね!

SEO対策の超基本!Googleの順位決定を決める要素を解説!
フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真面目な」オンラインサロン

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG