ペラサイト量産でおすすめのドメイン名の決め方!

この記事は…

  • ペラサイト量産でドメイン名はどう決定する?
  • ドメイン名には目標キーワードを入れた方がいい?
  • 商標名をドメイン名に入れて怒られないの?

これらの疑問についてお答えします★

ペラサイト量産をする時に、どういうドメイン名を決定するのかで毎回悩んではいませんか?

結論から言うと、ペラサイト量産で少しでも上位表示させる見込みを高くしたいのなら、ドメイン名には上位表示させたい目標キーワードを挿入した方が”髪の毛一本程度の”上位表示の見込みが高まります。

 

ドメイン名にキーワードを入れるのは髪の毛一本程度の効果がある

もちろん、目標キーワードと完全一致のドメイン名は「EMDアップデート」によって駆逐された事を報告する記事も散見されますが、

その一方で、サイトの内容と関連させるキーワードを含めることの有効性を示したGoogleの見解もあります。

一見、相反するGoogleの対策と案内ですが、要するに「サイトの品質が素晴らしければ、EMDアップデートの心配はない」のです。

なので、ペラサイト量産でドメイン名を取得する時は、積極的に目標キーワードを含めたドメインを取得し、品質をしっかり高めたペラサイトを量産して行きましょう。

ぶっちゃけ、ペラサイト量産という手法自体がスパム行為なので、サイト品質を高めるにも限界があることは事実です。

ですが、それでもサイト品質を限界まで高める(内的SEOを限界まで高める)事によって、ペラサイトで上位表示を狙うこと十分可能なのです。

ささみサロンではこれら「ペラサイトの品質(内的SEO)を限界まで高める方法」について解説しているので、あなたも今すぐささみサロンに参加して下さいね!

 

ドメイン名に目標キーワードは入れるべきなのか?

EMDアップデートが怖いんですが、それでもドメイン名に目標キーワードは要れた方がいいんですか?
せやで!

SEO対策について、少しでも勉強した経験のある人であれば一度は「EMDアップデート」という名前が聞いたことがあると思います。(むしろ知っていて欲しい)

んで、このEMDアップデートとは、「完全一致のドメイン名を使った低品質なサイトは上位表示させないよ」という主旨で2012年頃に導入されたGoogleのアルゴリズムです。

 

EMDアップデートとは?

 

肝心の「何を持って品質と定義するのか?」については、いつもの如く曖昧なままですが、「完全一致ドメインで低品質なサイトを作ると上位表示しない」という部分だけ抑えておけば大丈夫です。

要するに、低品質でなければドメイン名に目標キーワードを含めることは今も有効ですし、その効果がたとえ”髪の毛一本程度”の微々たる影響だとしても、

内的SEOが最弱なペラサイトだからこそ、少しでも加点を積極的に狙いに行って、上位表示の見込みを高めることは大切だと、僕であれば判断します。

こういう話をすると、よく「ペナルティがー」という話をする輩が一定数現れますが、ペラサイトの存在自体がペナルティみたいなもんなのでどうでもいいです。

もしあなたが本気でペラサイトで稼ぎたいと思っているのなら、社会的意義とかホワイトとかはキレイゴトだと割り切り、とことん攻めたペラサイト量産をまずはマスターしましょう。

力なき正義もまた無力なのです。

参考記事

 

ポイント①:キーワード挿入は「髪の毛一本程度」の効果がある

point 1
キーワードは
恐れずぶち込む

もしあなたがペラサイト量産で、少しでも積極的に上位表示を狙って行きたいのなら、ドメイン名には積極的に目標キーワードを挿入して行きましょう。

と言うのも、Googleが初心者向けに作成した「SEOスターターがガイド」にも、「わかりやすいURLはコンテンツの情報を伝えやすい」と解説をしています。

要するに、URL(ドメイン名)に目標キーワードを含めることは、多少なりともSEOの効果があるという事です。

 

URLにキーワードを含めるのはGoogleも推奨している方法

他にも、Google Domainsというサービスの中で「最適なドメイン名の決め方」という記事で、「関連性のある単語を使えば、検索で見つけてもらいやすくなり、ビジネスの内容を一目で理解してもらえます。」という発言をしていることからも、

目標キーワードをドメイン名に含めることは、一定の効果が得られることは考えてよいと言えます。(実際、2013年代まではものすごいこれが効果的でした。)

ですが、この完全一致ドメインがあまりにも強すぎたため、GoogleがEMDアップデートを導入し、パンダアップデートやコアアップデートをなどの変遷を経て、今の検索結果に落ち着いたと言えます。

とは言え、今の時代(2020年執筆)でも、目標キーワードを含めたドメイン名は髪の毛一本程度の効果は期待できるので、積極的に挿入して損はないと言えます。

あくまでEMDアップデートは、「Extra Match Domain(完全一致)」が対象なので、目標キーワードを含めただけでは対象にはなりません。(若干の修正された可能性は残りますが…)

またEMDアップデートの対象となるのは、あくまで「低品質なサイト」が対象となるので、パンダアップデートの対象になるようなサイトはEMDアップデートでぶっ飛ばされまっせという認識で大丈夫だと思います。

この辺を解説しだすとキリがなくなるので、詳しくは、Googleの品質ガイドライン等々を各自調べてみて下さい。

参考記事

 

ポイント②:実際の検索結果からみても有効性は見える

point 2
机上の空論ではなく
実際に上位表示する

たまに「目標キーワードをドメイン名に入れてもSEOとは関係ないよ」というアホが湧きますが、ここまで説明してきた通り、

目標キーワードをドメイン名に挿入することはGoogleが推奨しつつも、EMDアップデートで警戒するくらいには重要性の高い話です。

この話は、実際の検索結果からみても、目標キーワードをドメイン名(URL)に含める事の重要性がよく分かります。

 

ドメイン名やURLにキーワードを挿入して上位表示する事例はたくさんある

※画像引用元:モバイル時代のSEO情報ブログ「ドメイン名にキーワードが含まれていた方がGoogleで上位表示しやすいのか?」より

データは2016年とやや古い情報になりますが、今の時代でもほとんどの検索クエリで上位表示するURLが、何らかの目標キーワードが含まれているケースが多いです。

そういう事実面から考えても、目標キーワードをドメイン名に含めることの有効性は考えられると言えます。

ただし、中古ドメインでも特定のキーワードで上位表示することを考えれば、ドメイン名に目標キーワードを挿入することの影響度としては微々たるであることも忘れてはいけません。

そのため、妥当な考え方としては「新規ドメインを取得する時は、ドメイン名は適当に決めず、目標キーワードを挿入した方がいい」くらいの解釈で良いかと思います。

結論、中古ドメイン量産なら被リンク重視、新規ドメイン量産なら目標キーワードの挿入って感じの解釈でOKです。

 

ポイント③:ただし「やりすぎはペナルティ」の餌食になる

point 3
やりすぎると
ペナるのは同然

実は目標キーワードをドメイン名に含めることは、EMDアップデートだけの話に限らず、2011年に公開されたGoogleの品質ガイドラインにも少し注意すべき点が記載されています。

 

ドメイン名やURLにキーワードを詰め込むとペナルティのフラグが立つ

※画像引用元:モバイル時代のSEO情報ブログドメイン名にキーワードが含まれていた方がGoogleで上位表示しやすいのか?」より

実は、ファクトチェックのため2011年のガイドラインを実際に探したんですが、見つけることができませんでした。

また、2015年以降のガイドラインをみても「Keyword Stuffing in the URL」の文言に関することが見つけられなかったので、審議としては定かじゃないです。

とは言え、URLに目標キーワードを詰め込むのは明らかにスパム行為として判定するアルゴリズムがあっても不思議ではない事は確かです。

なので、URLやドメイン名に目標キーワードを過度にぶち込むことだけは避けましょう。

例えば、商標サジェストを狙う場合、通常は2語や3語を含むドメイン名を取得することになるかと思います。

仮に上記のガイドラインが今も有効であるとした場合、どの程度のキーワードの詰め込みが過剰と判断されるかは分かりません。

ですが、せいぜい2語程度のキーワードを含んだドメイン名は割と普通だと思うので、その辺りを判断基準にすればよいかと思います(適当)

どうせペラサイトですし「こまけぇこたぁいいんだよ」なのです。

 

(参考)日本語ドメインと英文字ドメインはどちらがいいのか?

ドメイン名は日本語と英文字のどちらがいいんですか?
今どきのSEOはどっちでも大差ないと思うで。

ちなみに、SEO対策に長くかかわっている人であれば、一時期日本語ドメインが猛威を振るった時期があったことを知っているかと思います。

※主に2011年~2013年頃まで。日本語ドメインが圧倒的に上位表示がしやすく、EMDアップデートで低品質サイトが駆逐が完了されるまで、カオスな検索結果が続いた時期。

んで、結論から言えば、今の時代(2020年時点)において、日本語ドメインと英文字ドメインについては、あまり大きな差はみられない印象があります。

 

日本語ドメインと英字ドメインのSEOの差はほとんどない

※画像引用元:モバイル時代のSEO情報ブログ「日本語ドメインのほうが半角英数ドメインよりも上位表示されやすいのか?」より

これは2016年と2018年のそれぞれで「任意売却」で検索した時に上位表示されたURLの比較ですが、2018年の方が任意売却で検索した時の順が若干下がっていたようです。

ぶっちゃけ、サンプル数としてはあまりにも少ないので、正直これだけでは何とも言えません。

ただ、実際に僕が検索結果をリサーチしている時の印象としても、昔と比べて日本語ドメインの猛威は落ち着いた印象があります。

なので、昔ほどには日本語ドメインに過度に拘らなくてもいいのではと感じています。

それに日本語ドメインを運用する場合、Punycode変換とか面倒な作業がワンクッション入ったり、ブラウザやSNSなどで正しくURL変換されない時があります。

なので、僕だったら、ペラサイトで運用する時は日本語ドメインにして、将来の発展性やコンテンツSEOを考えるなら英文字ドメインを取ったりします。

 

どうしてもドメイン名を決めきれない時は?

どうしてもドメイン名を決めきれないんです…
んな時は、とりあえず日本語ドメインでも取っとけや!

今回は「ドメイン名に目標キーワードを挿入するべきか?」という点を中心に解説しましたが、

もしあなたがどうしてもドメイン名を決めきれないと感じた場合は、とりあえず日本語ドメインを取得しておけばいいです。

 

ペラサイト量産におすすめなでドメイン名の決め方!

 

時々「商標名ドメインを取ったら怒られませんか?」という相談を受けますが、そんなもの怒られてから考えたらいいのです。

そもそも、そういうドメイン名の取得を嫌う広告主への説明はASPが事前に説明を済ましておくべき案件です。

にも関わらず、いきなりアフィリエイターに直接クレームが行くのは、よほど該当サイトが悪質か、ASP担当者が無能か、広告主がデジタルマーケに無知無学のどれかです。

ただ、もしどうしても商標名によるドメインの取得が怖いなら避けても全く問題ありません。

なぜなら、商標名を含んだドメイン名を取得することは、必ずしも上位表示に繋がる訳ではなく、あくまで数あるSEO評価のうちの「髪の毛一本程度の効果」しか見込めないからです。

なので、過度にドメイン名に拘り過ぎるのではなく、結局は「コンテンツの中身+外的SEO」で大体の勝負が決まると考えて下さい。

 

ペラサイト量産はスピード命だからこそ逐一悩むな!

ドメイン名の取得でごちゃごちゃ悩むなや!
まずはペナルティにビビらずどんどん取ってみます♪

今回はペラサイトとドメイン名についての解説でしたが、量産アフィリエイトを成功させる上で最も大切なことは「サイト作成のスピードを限界まで高めること」です。

もちろん、SEOで上位表示させるためにはサイトのクオリティも決して無視はしてはいけません。

ですが、量産アフィリエイトで稼ぎたいと思っているなら、まずはペラサイトの作成スピードを限界まで高めないとお話にならないのです。

だからこそ、髪の毛一本程度の効果しかないのだから、細かいことは気にせず、どんどん積極的に商標サジェストを含んだドメイン名で取得して行けばいいのです。

 

ドメイン名にキーワード挿入は有効だからこそ、やりすぎに注意!

 

当然、やり過ぎはEMDアップデートやGoogleの品質ガイドラインに触れるリスクも高まりますが、所詮はペラサイトです。

あなたがどれだけ手塩にかけて作ったサイトがあったとしても、それがペラサイトであれば、「コンテンツ不足」というペナルティに片足突っ込んだ状態のサイトである事実は変わりません。

要するに、ペラサイトの存在それ自体がペナルティみたいなものなのです。

だからこそ、ペラサイト量産で稼ぎたいと思った時は、まずは恐れず商標サジェストを含んだドメイン名を積極的に取得して、量産していく事をおすすめします。

ペラサイト量産で稼ぐためには、このスピード性をとにかく高めることが非常に大切なので、ぜひ忘れないで下さいね!

こんな感じで「ささみサロン」では、日々アフィリエイトやSEOに関する色んな情報を配信しています。

もしあなたが今回の無料記事で少しでもささみサロンに興味を持ったのであれば、今すぐ参加してみませんか?

ささみサロンなら初月無料&月額3000円で勉強し放題なので、フロービジネスからの脱却を本気で目指したいと思うあなたは、今すぐ参加して下さいね!

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真面目な」オンラインサロン

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG