ペラサイトでドメイン更新の基準はどうする?

この記事は…

  • ドメインの更新基準が知りたい
  • ペラサイト量産の費用を少しでも節約したい
  • ドメイン更新の費用節約の方法が知りたい

こんな事を考えている人におすすめの記事です。

ある程度、ペラサイト量産に慣れてくると心配のタネになってくるのが「ドメインの更新費用」や「ドメインの更新基準」ですよね?

せっかくペラサイト量産に慣れてきて報酬も積み重なって来たのに、ドメインの更新日が迫ってくると、何を基準にしてドメインを更新すればいいのか分からないとあなたも困ってはいませんか?

結論から言えば、ペラサイト量産時におすすめなドメインの更新は以下の3つを基準にするのがおすすめです。

 

ペラサイト量産でおすすめしたいドメインの更新ルールとは?

 

一般的にドメインの更新費用を抑えようとすると、「上位表示に成功したサイトは更新して、上位表示に失敗したサイトは更新を切りましょう」みたいな解説がされますが、それでは不十分です。(理由は後述)

むしろ、そういった中途半端な更新基準ではなく、先に年間予算を決めた方が、効率よくドメインの更新費用を節約できます。

今回は主にドメインの更新費用の節約方法について解説をするので、ペラサイト量産を頑張っているあなたは今すぐチェックして下さいね!

ちなみに。

もしあなたがドメインの更新費用だけでなく、ペラサイト量産に掛かる費用そのものを節約したいと考えているのなら、ドメイン取得にかかる費用を節約するのもおすすめです。

下の記事では、実質タダ同然でペラサイト量のドメインを取得して行く方法を解説しているので、合わせてチェックして下さいね!

参考記事

 

なぜドメインの更新基準を作ることが大切なのか?

どうしてドメインの更新基準を作る必要があるですか?
更新費用の垂れ流しが一番きついからやで。

ペラサイト量産をこなう時に、一番デカい費用の垂れ流しとなりやすいのが「ドメインの更新費用」です。

実際、僕がペラサイト量産を行っていた時は、ピーク時でバリュードメインだけで1000ドメインを保有していた事を考えれば、いかにドメインの更新費用がヤバいのかが分かると思います。

 

ペラサイト量産ではドメインの更新料金の節約がとても重要

 

単純計算、1000ドメインもあれば年間のドメインの更新費用は150万円となるので、ドメインの更新は少数精鋭に絞った方が良いことは間違いないです。

また、普通にペラサイト量産をして行けば、気が付けば、100ドメインや300ドメインに膨れ上がっている事はよくあります。

となれば、月間報酬10万円~30万円を目指したい副業アフィリエイターですら、ドメイン更新を雑にやると、年間更新費だけで15万円~30万円を垂れ流すようになります。

そのため、もしあなたが確実に利益を守っていきたいのなら、ドメイン更新は雑にやらずに、明確な更新ルールを作って費用節約に取り組むべきなのです。

 

なぜ「上位表示サイト≒更新対象」にならないのか?

ちなみに、冒頭で紹介した「上位表示サイト≒更新対象」の更新基準が雑すぎる理由として、「上位表示したサイトが必ずしも売上には貢献しているとは限らない」からです。

 

ドメインの更新費用を抑えるなら一般的な更新基準を疑え!

 

実際、「商標名+口コミ」や「商標名+評判」と言った、情報収集系のサジェストキーワードで上位表示した所で、アクセスは多くても成約に至らないケースは多々あります。

また、上位表示はしていなくても、上位表示に貢献しているサテライトサイトの存在も忘れてはいけません。

そのことを考えれば、ペラサイト量産におけるドメインの更新基準は「上位表示しているかどうか」といった雑な見分け方ではなく、より丁寧な量産アフィリエイトに合った更新ルールが必要なのです。

 

ペラサイト初心者におすすめなドメイン更新の基準とは!?

じゃぁ具体的にどういうドメイン更新の基準がおすすめなんですか?
一番の鉄板は年間の更新費を先に決めることやな!

冒頭の記事で紹介した通り、もし年間のドメイン更新を上手に節約したいのなら、先に年間の更新費を決めてしまい、その予算の範囲内で更新すべきドメインを絞り込んでしまう方法がおすすめです。

と言うのも、先に予算を決めてからドメイン更新を進めて行かないと、せっかくのアフィリエイト報酬がドメインの更新費用で圧迫されて、多売剥離のビジネスに追い込まれてしまうからです。

 

アフィリエイトで利益を出したいなら売上と同じくらい経費管理が大切!

 

上の図式は、アフィリエイトに限らず、全てのビジネス、全ての家計に共通して言える話ですが、

要するに、利益を出したいのなら、売上と同じくらい経費管理にも目を光らせないと、十分な利益は出せませんよという事です。

特に量産アフィリエイトの場合、放置しがちなドメインの更新費用を仕分けるだけで、かなりの利益率の改善ができます。

お金を稼ぎたいなら、この辺りの経費管理の力を伸ばすことは本当に大切なので、次に解説する3つの手順をマスターして、1円でも多く利益をあなたの手元に残して行きましょう。

 

更新基準①:年間の更新費用を先に計算する

Step 1
このままだと
いくらになるのか?

ドメインの更新費用を決定する際に、まず最初にやるべき事は「このまま放置したらドメイン更新の費用はいくらになるのか?」正しく現状把握をすることから始めましょう。

いきなり、許容できる年間のドメイン予算を決定しても良いですが、それだと何の基準もない状態で予算を決めることになるので、初心者だと無謀な基準を作りがちになりやすいです。

そのため、面倒に感じたとしても「このまま放置したらどうなるのか?」をザックリとでも計算しておくことが、ドメインの更新予算を決める上でとても重要になるのです。

 

ペラサイト量産のドメイン更新費を節約するなら、年間の更新費用をざっくりとでも計算すること!

 

上の画像は2020年10月時点のドメイン更新の平均費用を基準にして計算したものですが、単純計算として100ドメインを保有するアフィリエイターで年間15万円の出費となります。

もちろん、全てのドメインを更新する必要はありません。

ですが、このまま放置したら年間で15万円の費用を垂れ流すことに繋がるんだという危機感を持つことが、ドメインを更新する最初の一歩として大切なのです。

特にドメインの更新は、多くの場合クレジットカード決済で行われるため、知らず知らずのうちに高額な費用を請求されがちです。

また、.mobiや.siteなど、新規取得の費用は安いのに年間の更新費用が高いドメインも沢山あるので、新規ドメインを取得する時点から年間の更新費用にはきちんと目を光らせておきましょう。

参考記事

 

更新基準②:許容できる上限予算を先に決める

Step 2
予算が決まれば
ドメイン更新も怖くない

年間のドメイン更新の費用をざっくりと把握すれば「さすがにそれだけの費用は垂れ流したくないな」と感じるアフィリエイターが大半になるかと思います。

そこで、次のステップとして「じゃぁいくらまでなら許容できるのか?」を考えていくことになります。

先にも紹介した通り、アフィリエイターで最も大切なのは発生報酬でも確定報酬でもなく、経費を差し引いた後に残る「利益」です。

そのため、いくらまでの経費(ドメインの更新費用)なら受け入れて、次のペラサイト量産に繋げて行きたいと思えるのかを考えて行きましょう。

 

ペラサイト量産のドメイン更新費を節約するなら、年間の更新予算を先に決めるのがおすすめ!

 

動画では500ドメインを保有している場合の更新予算の立て方を事例に紹介しましたが、2~3年ほどペラサイト量産を続けていると、割と普通に300~500ドメインくらい保有するようになります。

ですが、よくよく考えてみると、実際には300~500ドメインも保有する必要がないケースの方が大半です。

要するにアフィリエイト量産に慣れた人ほどドメイン更新の費用を垂れ流している傾向が強いという事です。

だからこそ、まずは定期的にドメインの年間更新に掛かる費用をリアルに計算し、どこまでの更新費用までなら許容できるかを考えて行きましょう。

更新予算の立て方に正解はありません。

各アフィリエイターにとって主要サイトの数や傾向はかなり違うので、この辺りは自分たちで考え続ける必要があります。

とは言え、最初は難しいと思うので、より詳しいドメインの更新基準が知りたい場合は下の記事を参考にして下さい。

参考記事

 

更新基準③:更新ドメインを優先順位で絞り込む

Step 3
予算の範囲内で
優先順位を付ける

その辺にいるアフィリエイターも「ドメインの更新は優先順位を付けましょう」と言った解説はしていますが、漠然と優先順位を付けるだけでは意味がありません。

と言うのも、優先順位を付けたところで「じゃぁどこまでを更新したらいいのか?」という最終的なボーダーラインがどこにもないからです。

だからこそ、Step2で紹介した「年間の更新予算」を先に立てておくことが重要なのです。

そして、初心者におすすめしたいザックリとした更新基準としては以下の通り。

 

ペラサイト量産のドメイン更新は「売上発生サイト」と「売上発生に貢献するサテライト」をまず残す!

 

ドメインを更新するときの優先順位としては、「すでに売上が発生中のサイト」もしくは「上位表示に貢献しているサテライトサイト」を死守して行けば問題ありません。

ぶっちゃけそれ以外のサイトは、働きがかなり悪いので、予算が厳しい時は思い切ってすべて更新を切ってしまう判断をしても問題ありません。

まずは「売上発生中のサイト&売上に貢献するサイト」の2つを中心に選んで行けば、現在の報酬を維持しながら利益を最大化できるので、今すぐ実践して下さいね!

 

ドメインの更新基準をさらに機械的に判別する方法って?

もう少し細かくドメインの更新基準を分ける方法ってありませんか?
ほなら、ささみサロンに参加すれば見れるで!

今回解説したドメインの更新基準としては「①更新費用の状態を確認し、②年間予算を決めて、③優先順位を決める」という手順がおすすめですよと解説をしました。

そして、具体的なドメインの優先順位としては「売上発生中のサイト」と「売上発生に貢献しているサテライトサイト」の2種類に的を絞っていくのが初心者におすすめと解説をしました。

ですが、今回解説したドメインの更新基準だけだと、「上位表示はしてるけど売上にはつながっていないサイト」や「購入直後の中古ドメインの取り扱い」など、細かい部分での更新が曖昧なままになります。

そこで、今回はさらにドメインの更新基準を機械的に分けて考えて行ける「ささみりん的ドメイン更新”裏”基準」を紹介したいと思います。

 

ペラサイト量産ではドメイン更新の基準を明確にすることが大事!

 

こちらの動画は現在はささみサロンのメンバー限定の動画になっていますが、今なら初月無料&月額3000円で参加することができます。

今、ささみサロンは累計参加人数が500人を突破しているので、もう間もなく値上げをしようかなと検討中です。

そのため、もしあなたがペラサイト量産で稼げるようになりたい、フロービジネスから脱却したいと考えているのなら、今すぐささみサロンに参加しましょう!

ささみサロンに参加すれば、あなたが知りたかったアフィリエイトのノウハウが文字通り「全て」書かれてありますよ。

 

適切なドメイン更新はアフィリ費用を大きく節約できる!

ドメインの更新基準をしっかり持てば、利益も積み上がりやすいんやで!
面倒くさがらずに定期的にやることが大切なんですね♪

という訳で今回はペラサイト費用を節約する方法の一つとして「ドメインの更新費用を節約する方法」について解説をしました。

一般的には、ドメインの更新費用を節約する方法としてレジストラ業者の移転なども挙げられますが、手続きの煩雑さを考えると、不要なドメインの更新を定期的に切って行った方が早いです。

そのため、今回解説したドメインの更新基準やルールを元にして、さっそく今からドメインの選別をはじめちゃいましょう。

今日話した内容をもう一度まとめると以下の通り。

 

ペラサイト量産でドメイン更新をするときは「どんぶり勘定」を今すぐ辞める!

 

ドメインの更新作業は、アフィリエイト作業に追われるほど面倒くさくなって後回しにしがちですが、それでは三流のままです。

真の一流はドメインの更新費用まできちんと把握した上で、費用対効果を考えながらアフィリエイト業務に取り組める人を指すので、

あなたもドメインの更新作業は面倒くさがらずに定期的に(3カ月に1度くらいの頻度で)ぜひやるようにして下さいね!

ドメインの選別作業を定期的にやるだけでも、あなたのアフィリエイト業務で手元に残るお金がかなり変わることに気が付くはずですよ★

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真面目な」オンラインサロン

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG