SEOに強い記事タイトルの作り方!

この記事の要点は

  • SEOに強い記事タイトルとは「分かりやすさ」にある
  • 対Googleと対人間を意識したバランスのよいタイトルを作る
  • テクニックに溺れてはダメ

こんなことが書かれてあります。

ペラサイトにしろ、ブログにしろ記事タイトルの作成はとても重要です。

ですが、いざ記事タイトルを作ろうとしても、どういう記事タイトルがSEOに効果的なのか分からず手が止まってしまう時ってありますよね。

過去に僕も色んなSEOブロガーさんの情報を当たってきましたが、ピンと来た情報が見当たらず困っていた時期がありました。

ただ幸いにも世の中にはSEOJapanWEB担SEOラボと言った、優秀なSEO関連のサイトがあるので、それら信用に足るサイト情報を元に10年間独学でSEO対策を学んできました。

そこで今回は僕が信用できると判断したSEOサイトの情報(SEOJapan・WEB担・SEOラボなど)から学び、過去のGoogleの発言などを参考にした上で、SEOに強い記事タイトルの作り方をまとめました。

これを読めばSEOに強い記事タイトルの作成で重要なポイントが一発で理解できるので、必ず静かな部屋でじっくりと時間を掛けて読み進めて行って下さいね。

この記事は「ペラサイトの記事作成」シリーズで作成しているコンテンツです。

もしあなたが「ペラサイトの記事作成が上手くなりたい」とか「もっと効率よく記事の書き方が知りたい」と思った場合は、下の記事から順番に読み進めると理解が深まりますよ。

参考記事

 

なぜSEOに強い記事タイトルが大切なのか?

どうしてSEOに強い記事タイトルが必要なんですか?
上位表示しないと人に見つけてもらえないからやで

端的に言えば、SEO対策を行う理由は「人に見つけてもらいやすくするため」です。

あなたがどれだけ素晴らしい記事を作成し、みんなに称賛してもらえるコンテンツを作ったとしても、それがGoogleのルールに従っていなければ検索結果から見つけてもらう可能性は限りなくゼロです。

 

 

もちろん、今の時代はGoogle砲やSNSと言った、Googleに頼らない集客方法も多様化してきましたが、それとこれとは話が別です。

検索エンジンに対してのマーケティング(SEM)を成功させたいのなら、まずは上位表示に成功した記事を増やさないと、いつまでもあなたのアクセスは増えません。

だからこそ、SEO対策の基本として、まずは「SEOに強い記事タイトル」を考えることが大切なのです。

 

(参考)記事タイトルを考える時のポイント

 

動画でも解説した通り、記事作成を効率よく進めるためには、まず先に「誰に向けた記事なのか?」を考えた上で、記事タイトルから考えるようにしましょう。

SEO対策だけが先行した記事タイトルを作ってしまうと、せっかく上位表示に成功しても、誰にも共感されない寂しい記事だけがネット上に残ります。

そのため、記事タイトルを作成する時は、SEOを意識すると同時に「誰に向けた記事なのか」を意識して作ることが大切です。

「誰に向けた記事なのか」を考えるためには、以前解説した「案件選定」や「キーワード選定」で絞り込まれた見込み客を意識することが大切です。

特にペラサイトでは「案件選定」⇒「キーワード選定」と進めると自動で見込み客の幅が狭まって行きます。

詳しくは下の2記事を参照して、より成約率の高い見込み客の選定方法を学びましょう。

復習!

 

SEOに強い記事タイトルの作り方

どうやってSEOに強い記事タイトルを作るんですか?
対Googleと対人間の両方を意識することが大切やで

SEOに強い記事タイトルを作るコツとして「対Googleと対人間の両方を大切にする」ことを考えて下さい。

先にも解説した通り、対Google(SEO)だけを意識した記事タイトルを作っても、上位表示した時に誰にもクリックされない記事タイトルが完成してしまいます。

一方、対人間だけを意識した記事タイトルを作ると、SNSなどではバズるかもしれませんが、Googleには見向きもされない記事タイトルが完成します。

要するに、SEMで結果を残したいのなら両方のバランスをきちんと考えることが大切なのです。

 

 

ただ、対Googleと対人間のどちらを優先させたらいいのかと考えた場合は、僕だったら間違いなく対Googleを優先させた記事タイトルを考えます。

と言うのも、「キーワード選定」でも解説した通り、SEO集客を考えるなら、まずは上位表示する記事を作らないと話にならないからです。

特にペラサイトの記事作成は1記事でアクセスを集める必要があるので、狙ったキーワードで上位表示させないとアクセスがまず発生しません。

だからこそ、SEOに強い記事タイトルを作る時は「①まずはGoogleを優先させ、②あとから人間のことを考える」という優先順位で考えていくことがポイントです。

ぶっちゃけ、SEO対策を考えるなら「ユーザーファーストで考えよう」なんて考え方は単なるキレイゴトです。

「Googleで上位表示する記事」と「SNSでバズる記事」が違うことを考えれば、それは明らかな事実なのです。

だからこそSEOに強い記事を作りたいのなら、まずはGoogleのルールに則った記事タイトルを作ることからはじめましょう。

 

作り方①:目標キーワードは必ず挿入する

 

これはGoogleの「検索の仕組み」という記事から抜粋したキャプチャですが、Googleはサイト評価を行う時は「ウェブページとの関連性」を見ていると発言しています。

またGoogleは「情報の関連性を評価するための最も基本的な要因は、検索クエリと同じキーワードがウェブページに含まれているかどうか」だとも発言しています。

要するに、何か特定のキーワードで上位表示を狙いたいのなら、まずは検索クエリと同じキーワードを記事タイトルや記事本文に含めることが基本だと言うことです。

 

SEOに強い記事タイトルの作り方①

  • 記事タイトルには目標キーワードを含める
  • 記事本文にも目標キーワードを含める
  • GoogleもこれらをSEO評価の基本要素に取り組んでいる

 

もちろん、最近は「ハミングバードアップデートやらBERTと言った、最新のアルゴリズムが導入されているため、必ずしも目標キーワードを含めることだけが正解では言えない時代になりました。

ですが、あくまでも基本は「検索クエリと同じキーワードがウェブページに含まれていること」に変わりありません。

特に新商品や新サービスなどのGoogleがまだ学習を終えていない検索クエリについては、検索クエリの完全一致が非常に重要な傾向が強いです。(2021年2月時点)

学習が完了したキーワードならハミングバードやBERTが生きるかもしれませんが、ニッチなキーワードになるほど検索クエリとの一致が重要になると考えておきましょう。

 

参考記事

 

作り方②:記事タイトルは32文字を目安にする

 

一昔前のSEOライティングでは「記事タイトルは32文字以内に抑えよう」と言われていましたが、今どきは表示されるデバイスによって文字数が異なるのであまり関係がありません。

また、WEB担によると「記事タイトルの文字数の長さによって流入されるアクセス数に差は見られない」という調査結果も出ています。

つまり記事タイトルを作る時は、記事タイトルの長さにこだわるのではなく、「ユーザーに分かりやすいタイトルを作るのが基本」だと言うことです。

 

SEOに強い記事タイトルの作り方②

  • 今どきは表示デバイスで文字数が変わる
  • 文字数にこだわるよりも分かりやすさを優先する
  • 本文の趣旨が予想できる記事タイトルが理想的

 

ちなみに、なぜ「ユーザーに分かりやすタイトル」を作ることが推奨されるのかと言うと、Googleの検索セントラルに記載された正式な推奨方法だからです。

Googleの検索セントラルによると、ページタイトルを作る時のポイントは以下の通り。

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。

  • 具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。
  • キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。
  • 同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。
※引用元:Google検索セントラル「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する」より

Googleのルールガイドブックに載っている以上、僕らSEO対策者は文字数やキーワードの詰め込みに苦心するのではなく、「Googleにもユーザーに分かりやすい記事タイトル」を優先して考えることが何よりも大切なのです。

ちなみに。

なぜ僕が「32文字を目安にしよう」と言った理由ですが、詳しくは下の記事に大量のエビデンスを用いて解説を入れていますので、参考にして下さい。

参考記事

 

作り方③:闇雲にキーワードを詰め込まない

 

作り方②と少し話が重複しますが、記事タイトルを作る時は「闇雲にキーワードを詰め込まない」ことが何よりも大切です。

と言うのも、検索セントラルの記事によると「ランキングを操作する目的で、ウェブページにキーワードや数字を詰め込むこと」はダメと明確に警告をしています。

そのため、「キーワード選定」でも解説した通り、記事タイトルを作成する時は「1記事1キーワード」を基本戦略として組み立てることが大切です。

 

SEOに強い記事タイトルの作り方③

  • キーワードの詰め込みはペナルティになる恐れがある
  • 「1記事1キーワードの原則」を基本戦略にする
  • 欲張らずキーワードの数だけ記事を作ればいい

 

あなたが選定したキーワードによっては、「このキーワードではコンテンツを広げることなんて無理」というものも出てくるかと思います。

そんな時は「コンテンツが薄い記事同士を合体させて、一つの充実させたコンテンツとしてまとめた方が無難である」と、過去にジョン・ミューラー氏が発言しています。

結局、この辺はバランス感覚が大事なので、過剰に詰め込まず・スカスカになり過ぎない、丁度よいバランスを考えて行きましょう。

参考記事

 

(参考)SEOに強い記事タイトルと合わせて知りたいテクニック!

記事タイトルの作成に合わせて知っておきたいSEOの小話をするで!
その他、気になることがあればコメント欄で教えて下さいね♪

今回は「SEOに強い記事タイトルの作り方」というテーマで解説をしましたが、他にもあなたに伝えたいSEOのテクニックが沢山あります。

その中でも今回は「特にここは抑えて欲しい」というネタを3つ持ってきたので、SEOスキルをレベルアップさせたいなら、必ずチェックして下さいね。

 

参考①:初心者でも分かるSEOの基本

初心者でもできるSEO対策

 

サイトアフィリエイトで結果を出したいなら、記事作成だけでなくSEO対策もきちんと勉強する必要がありますよね。

でも、具体的に何をどう勉強したらいいのか分からないとあなたも困ってはいませんか?

そこで今回は初心者にも分かりやすく、SEO対策の基本をまとめたセミナー動画を紹介します。

 

セミナーの内容

  • SEO初心者が覚えておくこと!
  • 初心者でもできる3つのSEO対策とは?
  • 共用wordpressとは?

 

こちらのセミナー動画は、ただいまYouTubeで無料公開しているので、今すぐチェックして下さいね。

参考記事

 

参考②:上位表示するSEOライティングのTips集

続・内的SEOの勉強会

※画像引用元:アトリエ「続・内的SEOの勉強会」より

 

狙ったキーワードで記事を書いて上位表示に成功したら、それはすごく気持ちがいいことですよね。でも、その再現方法が良く分からないと感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は少しでも再現性を高めるために、狙ったキーワードで上位表示を達成させるためのSEOライティングのセミナー動画を紹介します。

 

内的SEOセミナーの内容

  • ペラサイトのSEOの要点とは?
  • SEOライティングで有効なテクニック12選
  • ペラサイトの内的SEOで大切なこととは?

 

セミナーの内容は主にはペラサイトの記事作成を行う人向けに開催したものですが、内容のほとんどがSEOライティングに関する重要な項目ばかりをまとめました。

もしあなたが狙ったキーワードでもっと効率よく上位表示を狙いたいと考えているのなら、このセミナー動画がとても勉強になるので、必ず見て下さいね

参考記事

 

参考③:見込み客が反応する記事タイトルの作り方

初心者必見のペラサイトの稼ぎ方

 

今回はSEOに強い記事タイトルの作り方として、主には対Googleを想定した記事タイトルの作り方について解説をしました。

ですが、この記事でも伝えた通り、真のSEOに強い記事タイトルの作り方とは「Googleにも人間にも好まれるタイトル作り」が不可欠です。

そこで最後に紹介したいのが、上位表示した記事タイトルにちょっとした工夫をするだけで、クリック率が上がる記事タイトルの作り方について解説した動画を紹介します。

 

見込み客が反応する記事タイトルの作り方

  • 〇〇なワードは反応が取れやすい
  • 〇〇を記事タイトルに含める
  • 記事タイトルを〇〇にする

 

これらのテクニックは本当に小手先のものばかりですが、そのどれもが面白いほど効果があります。

もしあなたが少しでもサイトのアクセス数を伸ばしたいと思うなら、ここで紹介するテクニックはすごく面白いので、今すぐ使って下さいね。

参考記事

 

タイトル作成で大切なことは「テクニックに溺れない」こと

所詮、ここで解説した話なんて「現在トレンド」の話に過ぎんのやで
テクニックに溺れず、総合的なSEO評価を忘れないことが大切なんですね。

今回は「SEOに強い記事タイトルの作り方」という、すごく小手先の話が目立つテーマで解説をしました。

もちろん、重要性が高いと判断したからこそ、これだけの文字量で記事を書いたことは言うまでもありません。

ですが、記事タイトルを作る時に絶対に忘れてはいけない事があります。

それが「テクニックに溺れてはダメ」ということです。

 

 

ぶっちゃけ、今回の記事で解説したのは「枝葉のテクニック」の一部に過ぎません。

結局、どれだけ記事タイトルにこだわっても、最後はドメインパワーの強いサイトが勝ちますし、ガチガチのコンテンツと被リンクで固めたサイトの方が上位表示するに決まっています。

要するに、SEO対策を考える時は「一つ一つの要素に振り回されるのではなく、総合的な評価を忘れてはいけない」ということです。

SEO対策と言うのはどこまでいっても、最後は「被リンク+コンテンツの総合点」で勝負が決まります。

だからこそ、記事タイトルという細かい要素だけに拘り過ぎるのではなく、全体的な調和として何が望ましいのかを考えて、記事タイトルを作るようにしましょう。

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
日本一「真面目な」オンラインサロン" width="1280" height="960" >

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら