(編集中)アフィリエイトって本当に稼げるの?

NO IMAGE

(編集中よA ̄▽ ̄;))

アフィリエイトって本当に稼げるの?

もしあなたがそんな事を思っているのなら、少しだけ付き合って下さい。(たぶん5分くらいで終わるんで)

僕は2011年からアフィリエイトに取り組み、もう10年が経ちました。

アフィリを始めた当時の僕は、このまま会社で雇われ続けるのは嫌だと思い「だったら自分で食べれるようになろう!」と会社を辞めてアフィリエイトに取り組みました。

今思えば、本当に無謀な挑戦をしたなぁと思いつつ、結果としては毎月300万円以上を稼げるようになり、今ではオンラインサロンを運営して毎月安定的な収入を得られるようになったので、あの時、諦めずに挑戦を続けて本当に良かったと思っています。

ただ、今も昔も「たった3カ月で月収が100万円に!」とか「まだ誰も知らない隠されたノウハウをあなたに!」と言った、バカ丸出しの広告が転がっていますが、世の中そんなに甘くはありません。

ぶっちゃけ、アフィリに取り組んだ直後の僕は、毎朝8時から夜10時まで死ぬ気でサイト作成に取り組みましたが、それだけやって3カ月目のアフィリエイト報酬はたったの5万でした。

もちろん、それだけじゃ食べて行けなかったので、足りないお金は外注ライターとして働き、なんとか毎月10万円分の記事を納品して食いつないだ日々が続きました。

今思えばこうした血反吐を吐くような苦行をやったからこそ、SEOの知見や検証方法が身に付いたり、ライティングの技術が身に付いたと言えますが、

先行きの見えない世界で戦うのはこんなにも孤独で辛いものなのかと叩きのめされた下積み時代でした。

たぶん、世の大半の凡人は会社を辞めた3日目には心が折れて、アフィリ市場から退場して行くと思います。

それくらいネットビジネスで凡人が結果を出すのは大変な世界なのです。

 

稼ぎたきゃ死ぬ気でやればいい

「じゃぁアフィリエイトで稼ぐなんてやっぱり無理じゃないか!」と思った人はそれでいいです。

世の中そんなに甘くないですし、この程度のストーリーで心が折れるメンタルなら、アフィリにしろブログにしろYouTubeにしろ、何をやっても成功しません。

せいぜい一発当てて成功者気分を数年間味わい、その数年後には路頭に迷って再就職する人生が関の山です。保障大国ニッポンに住んでいるのだから、覚悟のない奴は一生飼い殺しの人生を歩んだ方が身のためです。

 

ただ、もしも「そんな恐怖と苦行を乗り越えた先の世界が見たいんだ」と本気で覚悟できているのなら、あなたにもアフィリエイトで食べて行ける資質があるのかもしれません。

正確には「資質」ではなく「資格」かもしれません。

資格のない奴に裁判所の判決文を読ましても意味がないように、アフィリエイトで稼ぐための資格のない奴に何を言っても無駄です。

どれだけ理不尽な苦行が続き、結果が出るかどうかも分からない、ある種のギャンブル行為に挑戦したいと、そっちの方が今よりも自分の人生が絶対に良くなると本気で思えるのなら、

間違いなく今のあなたにはアフィリエイトに挑戦する「資格」があると言えます。

これはアフィリエイトに限らず、ブログ、YouTube、Twitter、Instagram、サロン運営、積立投資、デイトレード、その他、情弱ビジネスetc、なんでもそうです。

ミスれば終わり、結果が全ての世界です。

個人の力で財を成すというのは、それだけの覚悟と挑戦が永遠と試され続け、サラリーマン時代のようなパワハラ・セクハラ・忘年会があってもお給料が入ってくる世界と明らかにレベルが違うのです。

僕が10年間アフィリエイトに取り組んで、今もなお結果を残し続けていると言うのは、つまりはそういうことなのです。

 

なぜ資格があっても食えない奴らがいるのか?

今は下火になりましたが、一時期「ユーキャンで資格チャレンジ!」みたいなアホなテレビCMが続きましたが、あれは愚の骨頂です。

そもそも論、資格を取って年収が上がるなんてほどんどありません。

せいぜい、会社の就業規約の一環でインテリアコーディネーターの資格を取ったら手当として1000円上乗せしたり、銀行員がFPの資格を取ったらボーナスに上乗せしますよとか、その程度です。

実際にはインテリアコーディネーターの資格をとっても役職が何も変わらない従業員が大半ですし、FPの資格をとっても営業成績の上がらない銀行マンが大量にリストラされているのが世の中です。

ただその一方で、インテリアコーディネーターの資格がなくても、部屋の間取りブログで毎月何万PVも稼ぐブロガーが存在すれば、FPの資格がなくても保険をバリバリ取得する個人営業マンも大量に存在します。

つまり、「所詮、資格は資格」であって、それだけでは稼ぐことはできないのです。

けれど、アフィリエイトに挑戦するには「資格」がやっぱり必要だと、僕は思っています。

 

覚悟があっても技術がない奴ら。そういう人だけを救いたい

よく「主婦の私でも出来た」とか「開始して3日目には初報酬」とか、耳障りの良さそうな広告が流れますが、そんなものに騙されるアホに興味はありません。

僕が今こうしてオンラインサロンを運営し、僕自身のノウハウを正真正銘「出し惜しみナシ」で全て公開しているのは、「覚悟があっても技術のない奴ら」を救いたいと思っているからです。

 

画像

画像

画像

 

これらのサイトは、実際に僕がオンラインサロンを運営している中で、サロンメンバーが作成してきたサイトですが、どれもずぶの素人が作成したサイト達です。

もちろん、デザインが秀でている訳ではありません。

ですが、初のペラサイトで初報酬が出たり、数記事のブログでアドセンス報酬が発生したり、数回の投稿でフォロワーが増えた事例など、成功事例の多さなら数えるのも面倒なくらいサロン内で転がっています。

要するに、覚悟があって情熱もあれば、あとは正しいノウハウさえ身に付けたら、いくらでもアフィリエイトなんて稼げまっせってことです。

 

稼げるの?とか温いこと言ってんじゃねぇ。やれ

残念だけど、いまだに「アフィリエイトはもうは古い」というアホが定期的に湧くけど、アフィリの本質すら理解できん奴に未来はない。

アフィリエイトの本質は「人に何かをおすすめすること」。

YouTubeにしろ、ブログにしろ、ジャパネットの社長にしろ、「今日の商品はこちら!」と言ってる時点で、やってることはアフィリエイトと同じ。

それがWEBサイトなのか、動画なのか、テレビなのかの差であって、ことの本質は「人に何かを紹介している」点では、何一つ変わりはないのです。

言わば、ネット上での営業マン。

 

そして、自分で作成したWEBサイトを使って、「集客して、商品をおすすめして、利益を得る」という一連の流れを構築できる能力は、アフィリエイトを卒業しても、世の中の企業が喉から手が出るほど欲しい人材であることに間違いないのです。

そして、これらの能力に長けた人材を、世間ではマーケターと呼んでいるのです。

つまり、アフィリエイトで稼ぐと言うことは、実践形式のWEBマーケティングを学んでいるのと同じであり、アフィリエイトで結果を出し続けられる人間は、どの世界にいっても通用するということです。

だからこそ、「アフィリエイトは稼げるの?」とかヌルいこと言ってないで、情熱と覚悟がある奴だけがさっさと挑戦して、バラ色の人生を歩けばいいのです。

やるのも自由、辞めるのも自由。結果が全ての世界。

そんな世界だからこそ、情熱と覚悟が不可欠ですし、それに伴う技術を養う必要があるのです。

逆に言えば、情熱と覚悟という資格が十分にあり、適切な技術を身に付けることができれば、アフィリエイトなんざ誰でも結果を出せるのです。

そして、そんな「情熱と覚悟があっても技術が伴っていない人々」を救い出す受け皿として、ささみサロンを立ち上げました。

もしあなたが本気でアフィリエイトで稼ぎたい、フロービジネスから脱却したいという本物の覚悟と情熱があるのなら、今すぐささみサロンに参加して、正しいノウハウを身に付けて下さいね!

 

日本一「真面目な」オンラインサロン" width="1280" height="960" >

日本一「真面目な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら