実力とか実績を気にしてサイトテーマを作る必要はない

ささみサロンでは「MSPに基づいたサイトテーマを設定すること」を再三お伝えしています。

ですが、サイトテーマを設定する時によく聞かれる質問としてあるのが「設定するサイトテーマは実力や実績がある人じゃないと難しいんじゃないんですか?」という質問です。

アフィリエイトサロンをアフィリエイトで成功した経験を持つ人が教えるというのは、良いと思います。

筋トレのトレーナーをやっている人がライザップを紹介するブログもあっています。

FXを紹介したいのに、FXでろくに成功もしていない人から一緒に頑張りましょう、と言われても説得力がないですよね。

この手の質問は、MSPに基づくサイトテーマを作る時に非常に良く出てくる質問です。

結論から言えば「自分の理想世界に向かって歩くことで、その歩み合わせたコミュニティのメンバーが自然と集まるだけ」なので、

「実力とか実績を気にしてサイトテーマを作る必要はない」と考えて下さい。

今日はこの理由について詳しく解説をして行きたいと思います。

 

目標に向かって進んでいく過程で人が集まる

※画像引用元:「なんでMSPが大切なのか?」より

初回の勉強会動画でもお伝えした通り、コミュニティとは「自分のMSPに向かって突き進む過程において、共感した人が集まっていく」ものです。

要するに、最初から実力や実績がなかったとしても、あなた自身が成し遂げたい目標があるのなら「まずは一人でその目標に向かって突き進んでいく」必要があります。

そして、あなた自身のMSPの実現が少しづつ成し遂げられていくことで、段々と共感した人が集まってくるのがコミュニティ化の基本的な流れとなります。(これが「目標を掲げたWEBサイト」の強みでもあります)

そのため、

FXを紹介したいのに、FXでろくに成功もしていない人から一緒に頑張りましょう、と言われても説得力がないですよね。

これは当然のことです。

実績ゼロの状態で人が集まるケースはまずありません。

初回のMSP勉強会」でもお伝えした通り、最初は一人で歩く必要があります。(もしくは別のコミュニティなどで勉強する必要があります。)

もし質問で頂いたFXのテーマを扱うのであれば、まずはFXを自分自身でしっかりと勉強として結果を残していくことが、この場合におけるコミュニティ化の第一歩と言えます。

コミュニティ化を目指す原則

  1. まずはMSPを目標にすること
  2. MSPの目標に向かって初めは「一人」で歩くこと
  3. 出した結果に応じて人々が集まるのが普通

もちろん、はじめは一人で歩くことになりますが、あなたにはささみサロンがあります。

なので、コミュニティ化に向けて困ったことや悩んだことがあれば、ぜひささみサロンで気軽に質問して下さいね!

 

プロや専門家でなくてもMSPに共感した人が集まるのが今の時代

またMSPに基づいてサイトテーマを設定する時に、よく出てくるもう一つの質問が「専門家やプロじゃないと難しいんじゃないんですか?」という質問です。

アフィリエイトサロンをアフィリエイトで成功した経験を持つ人が教えるというのは、良いと思います。

筋トレのトレーナーをやっている人がライザップを紹介するブログもあっています。

あなたの中で取り扱いたいサイトテーマがあったとしても、先行く人たちの存在が気になり「今さらそのテーマを扱っても大丈夫なんだろうか?」という不安になることはよくあります。

また「MSPの相談会」でも出てきた質問として「育児ストレスをテーマに扱いたいけど、専門家じゃないからテーマとしては厳しいですよね?」と言った趣旨の質問も頂きました。

ですが、これらの質問や疑問に端的に答えるならば「MSPは自分中心で生み出すものなんだから、他人の動向なんてクソの一ミリも関係ない」という事です。

※画像引用元:「超訳アフィリエイト3日目より」

確かに、専門的な技術や知識は、その道のプロや専門家には足元に及ばないかもしれません。

ですが、今の時代は「何が」ではなく「誰が」の時代です。

あなたの理想世界の実現に向かって頑張り続ける姿に共感し、その人と一緒に歩きたいと思っている人が集まれば、他人との実力差や実績差は関係なくなります。

大学教授が「勉学に励むべきですよ」と言うよりも、小泉孝太郎とかが「勉強は大切ですよ」とか言った方が、世間的に響きやすいのも「誰が」の時代になっているからです。

また、一度も勉強したことのない親から「勉強しなさい」と言われても、子供ながらに「お前が言うな」とムカついた経験をした人は少なくないはずです。

こうした「何が」よりも「誰が」が重要視されている話は、例を挙げればきりがありません。

一応、以下にコミュニティ化を起こすのに実力差や実績差なんて関係ない事例をまとめてみました。

ケース①「ゲーム」:ヒカキン vs midna GamerDog ch

例えば、ゲームという土俵でYouTuberを比較した場合、明らかに「midna GamerDog ch」という人の方がゲームのプレイレベルは高いです。

けど、圧倒的人気を誇るのはやっぱり王者ヒカキンです。

「ゲームが上手いから再生数が伸びる訳じゃない」のよき事例と言えます。

※ちなみに僕は「midna GamerDog ch」さんの方が好きです(笑)

 

ケース②「歌ってみた」:恭ちゃん vs Tsuko G

歌唱力・ルックス・センス、どれをとってもTsuko Gさんの方が圧倒的に軍配が上がると僕は思っているのですが、再生数やチャンネル登録者数でみれば恭ちゃんの圧勝です。

これは同じ「Butter-Fly」という歌にも関わらず「誰が歌ったのか?」で明らかに反応が変わっているという分かりやすい事例だと言えます。

今の時代「何であんなのが?」が当たり前のように起こる理不尽さを踏まえて乗り越える必要があります。

それを攻略する一つのカギが「MSP」にあると思って下さい。

ちなみに。

僕は恭ちゃんもTsuko Gさんも両方チャンネル登録しています(笑)

 

ケース③「アフィリエイト」:ささみりん vs まいころ

最後の事例は、僕とまいころさんという方の動画比較です。

はっきり言って、実力・実績・編集センスのどれをとっても僕の方が上です(笑)

にも拘わらず、再生数がまいころさんの方に軍配が上がっていると言うか、チャンネル登録者数が拮抗しているのはなぜなのか…

要するに、今の時代のコミュニティ化と言うのは「その人の実力や実績がスゴイから集まるとは限らない」という事です。

誰のもとについて歩きたいかはメンバーが勝手に決めることであり、リーダーが無理やり「お前はここにいろ」と縛り付けるものでもありません。

大切なことは「その人にとって心地よいペースで歩けるか」であり、まいころさんくらいのスピード感の方が心地よいと感じる人が多い時代なのだと思います。

他にも色々な要因はありますが、所詮、実力や実績はコミュニティ化の一要素にしか過ぎないという事です。

 

まずは自分自身が本当に目指したいものに向かって歩くこと

今回はMSPに基づいたサイトテーマを設定する際に「専門家や実力者じゃないとダメなのか?」という事について解説をしました。

この記事でもお伝えした通り、MSPに基づいたサイトテーマを作る上ではリーダーが専門家や実力者である必要はありません。

むしろ、あなた自身がどういう目標を掲げ、どういったものを実現していくのかで、共感した人が集まってくるというイメージを持って下さい。

 

もちろん、あなた自身がMSPの実現に向かって歩き続けることはとても大切です。

コミュニティ化の基本は、リーダーがMSPの実現に向かって歩き続けることで起こるものであり、何かを偽ってコミュニティ化を目指すものではありません。

だからこそ、あなた自身がやりたい事・目指したい事に向かって日々前進していく事で、コミュニティ化が起きていくものだと思って下さいね!

MSPに基づくサイトテーマを作り、理想の見込み客を設定して、コミュニティ化を目指していく。

ここまでの一連の流れが出来上がれば、SEO集客やライバル分析とかは関係なくなり、より長く安定的に稼げるようになります。

フロービジネスからの脱却を目指すためにも、全ての基本はMSPとなるので、何度も読み返してマスターして下さいね!