参考:MSPと目標は何が違うのか?

僕のサロンでは、MSPを理想世界という言葉で置き換えて説明するシーンが多く、説明を平易にするためにMSPを「目標」という言葉で説明するシーンも多いです。

ただ、ここで注意して欲しいのは、MSPと目標は微妙に違うというう事です。

 

目標は外部でも設定できるもの、MSPは自分の内側から出てくるもの

目標とは、自分で設定して頑張ることもできますが、会社などの外的要因で目標を設定するケースも多々あります。

一方、MSPとは「自分の人生で大切なこと1000個」から導き出されたものなので「自分の内側から出てきたもの」になります。

たしかに「自分の理想世界に向かって歩く」と言うのは、「目標に向かって頑張る」と似たような意味合いになるので、そういう意味では同じです。

 

 

図で説明した通り、目標というカテゴリの中にMSPは含まれるかもしれませんが、MSPは自分の内側から出てきた目標(理想世界)であることが最大の違いです。

なので、自分のより深い部分から出てきたMSPを打ち出し、相手にとってもそのMSPがより深い部分で共感できているのであれば、強固なコミュニティ化が起こりやすいと言えます。

一方、外的要因(上司からの命令)で設定されてしまった目標は「お前も大変だな」と同情されて終わります。

要するにどういった目標設定をするにしても、より自分の深い部分から出てきたものでないと、コミュニティ化は起こりにくいという事です。

ちなみに。

超訳アフィリエイト3日目で解説した、カジサックさんの「チャンネル登録者数100万人」は、本人が本気で芸人を辞める覚悟で臨んだからこそだと思います。

どれだけ自分の掲げたMSPに対して本気で頑張れるのか?

その姿勢や本気度が伝われば、自然と人は集まってくると考えて下さい。