記事タイトルの作り方③「キーワードは詰め込まない」

要するに…

  • キーワードの詰め込みは「ガイドライン違反」になる
  • むしろキーワードを削った方がアクセスが伸びた事例もある
  • 結論、「1記事1キーワードの原則」を守ることが大事

こんなことが書かれた記事です。

SEOに強い記事タイトルを作ろうとする時、あなたはタイトルにキーワードを詰め込めこもうとしていませんか?

色んなキーワードで上位表示を狙おうとすると、ついつい記事タイトルと関係ないキーワードまで詰め込みたくなりますよね。

けどそれ、SEO的にはものすごくNGな対策方法なんです。

 

キーワードの詰め込みはペナルティに繋がる

 

動画でも解説していますが、キーワードを過剰に詰め込んだ記事タイトルは、SEO的に不利になるだけでなく、ペナルティの原因にも繋がりやすいです。

SEOに強い記事タイトルの使い方」で解説した通り、記事タイトルの作成は「1記事1キーワード」が基本。

今回はSEOに強い記事タイトルを作る時に、避けるべき記事タイトルの作り方や、おすすめの記事タイトルの作り方について解説するので、今すぐチェックして下さいね。

合わせて読みたい

 

キーワードを詰め込むことはガイドライン違反

どうしてキーワードを詰め込んだ記事タイトルがダメなんですか?
検索セントラルに「サイトランキングに悪影響を及ぼす可能性」があるって書いとるからやで。

「目標キーワードは必ず挿入する」でも解説した通り、狙ったキーワードで上位表示させるためには、目標キーワードを含めた記事タイトルを作成することはすごく大切です。

ただその一方で、記事タイトルに過剰にキーワードを詰め込んでしまうと、「ランキングに悪影響を及ぼす可能性がある」とGoogleは発言しています。

 

キーワードの詰め込みは明確なガイドライン違反

※画像引用元:検索セントラル「無関係なキーワード」より

 

大切なことは記事タイトルと関係のあるキーワードを適切に挿入するなら問題がなく、記事タイトルと無関係なキーワードを詰め込んではいけないという事です。

「そんなの当たり前じゃないか」とあなたは思うかもしれませんが、実際に記事作成をしていると、こんな誘惑に負けそうになったことはありませんか?

 

よくあるダメな詰め込みタイトルの例

  • ささみサロンの評判をレビュー!ささみサロンの申込み方法から解約方法まで解説!
  • ささみサロンの内容はどうなの?ささみサロン参加者が体験談をレビュー!
  • ささみサロンの申込み方法をレビュー!口コミや評判はどう?

 

これらの記事タイトルがなぜダメなのか、見た瞬間に分かった人であれば、キーワードの詰め込みをする恐れはないです。

逆に、このダメな事例をみても「どこがダメなのか分からない」という場合は、無意識にキーワードを詰め込んだ記事タイトルを作ってしまっている可能性が高いです。

この辺はSEO対策が分かっている人から指摘を受けないと分からない部分も多いです。

もし作ったサイトを見て欲しい場合や、記事タイトルの作り方などに聞きたい事があれば、ぜひささみサロンに参加して聞いてみて下さいね。

合わせて読みたい

 

キーワードを詰め込んでもSEO的な評価は変わらない

キーワードを詰め込んだ方が色んなキーワードで上位表示しそうな気がするんですが…
記事タイトルの長さとアクセスアップの相関性はないし、キーワードを削った方がアクセスアップした事例も多いんやで。

もしかしたらあなたも「キーワードを詰め込んだ方が色んなキーワードで上位表示できるのでは?」という淡い期待を持っているかもしれません。

ですが、「タイトルは32文字を目安にでも解説した通り、記事タイトルの長さとアクセスアップに相関性がないことは、8943記事のリサーチの結果で分かっています。

 

キーワードを詰め込んでもアクセス数は変わらない

※画像引用元:WEB担「記事タイトルのベストな文字数は?

 

たまに「記事タイトルは長い方が色んなアクセスを集めることができる」という主張をする人がいますが、恐らくそれは勘違いです。

と言うか、色んなキーワードで薄く広くアクセスが集まっているだけで、トータルでのアクセスボリュームには差が無いのです。

むしろ、無関係なキーワードを詰め込んだり、長い記事タイトルにした結果、見込み客を絞り込めていない記事タイトルが完成し、タイトルと本文が合致しない恐れが発生する方が問題です。

 

記事タイトルを作る時の鉄則

  • 記事タイトルの長短による合計アクセスの差はない
  • むしろキーワードを詰め込むほどペナルティを受ける
  • 結論、記事タイトルは長ければいいってもんじゃない

 

僕らアフィリエイターは1本の記事で色んなアクセスを呼び込もうと欲張ってしまいますが、それではユーザーの為になりません。

むしろ「キーワードの数だけ記事を書く」ことを大切にし、検索クエリ毎にベストアンサーを返せる記事を量産することが、ユーザーに臨まれる成約率の高いサイトになるのです。

何よりそういった記事タイトルの構成の方が、現代のGoogleも好んでいる傾向にあります。

ぜひ記事タイトルを作る時は、余計なキーワードを詰め込むのではなく「分かりやすい記事タイトル」を作るようにしましょう。

合わせて読みたい

 

(参考)キーワードを削るとアクセスが伸びた事例もある

SEOMozの検証によると適切なキーワード挿入こそがアクセスが伸びるとのこと

 

上はSEOmozが調査した記事タイトルにサイト名やカテゴリ名を削除した場合のアクセス数の変化のグラフです。

詳しくはWEB担に寄稿された記事を読んでもらいたいのですが、結論だけ言うと「記事タイトルに余計なキーワードを詰め込むとアクセス数が下がった」と言う検証結果を公開してくれています。

つまり検索セントラルに記載されている「キーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性がある」ことを検証した記事になっているのです。

SEOMozの検証結果から考えても、記事タイトルには無関係なキーワードや過剰なキーワードの詰め込みは避けた方がいいことが良く分かると思います。

 

ダメな記事タイトルと良い記事タイトルの事例とは?

鉄板は「分かりやすい記事タイトル」を作ることやで
欲張らず「1記事1キーワード」で記事タイトルを作ることが大切なんですね。

 

ちなみに記事タイトルを作成する時に「典型的にダメな詰め込みタイトル」と言うのがあるので、それも紹介したいと思います。

詳しくは下の画像や動画を見てもらいたいのですが、1つの記事タイトルに同じキーワードを詰め込んでも、SEOの効果はあまり(と言うか、ほとんど)期待できません。

 

キーワードを詰め込んだタイトルの事例

※参照元:モバイル時代のSEO情報ブログ「キーワードの詰め込みによるペナルティーが増えている」より

 

両者の記事タイトルを比較すれば分かると思いますが、ダメな記事タイトルは明らかにキーワードを詰め込み過ぎていますよね(笑)

一方、下の記事タイトルであれば目標キーワードも明確で、人間がタイトルを見ても分かりやすい内容となっています。

実際Googleも「わかりやすいページタイトルを付ける」ことを推奨しているので、Google目線で見た時も適切な記事タイトルは下の方がいいと言えます。

ちなみに。

ささみりんが推奨する記事タイトルの作り方は「1記事1キーワードの原則」を使った記事タイトルの作成方法です。

要するに「キーワードの数だけ記事やサイトを作成し、全ての検索クに対してベストアンサーを返し続ける努力をする」という考え方です。

すごく泥臭い方法に聞こえるかもしれませんが、少ないアクセスを確実にもぎ取っていくことが重要な現代SEOでは、「1記事1キーワードの原則」を使った方が意外と最短ルートを走ることに繋がるのです。

合わせて読みたい

 

Googleにも人間にも好かれる記事タイトルとSEOライティングのコツ

記事タイトルの作り方と合わせて知りたい情報を集めたで!
その他、質問などがあればぜひささみサロンで聞いて下さいね♪

今回は記事タイトルとキーワードの詰め込みに関しての話をしましたが、その他、記事タイトルの作成でぜひ知っておいた方がいい情報をまとめました。

もしこれ以外の情報で何か知りたいことや聞きたいことがあれば、ぜひささみサロンで聞いて下さい。

ささみサロンなら月額3000円でアフィリエイトやSEOに関する本物の情報を見れるので、あなたも今すぐ参加してフロービジネスからの脱却を一緒に目指しましょう。

合わせて読みたい

 

タイトル変更だけでアクセスが1.5倍になった事例

アクセスが1.5倍になった記事タイトルの作り方

※画像引用元:S&Eパートナーズ「SEOに効果的なタイトルの付け方とは?」より

 

これはS&Eパートナーズさんが行った実験結果ですが、記事タイトルを「見込み客のリテラシーに合せたものにする」だけで、アクセスが1.5倍に伸びた事例を紹介してくれています。

普段僕らが記事タイトルを作成する時は、ついつい色んなキーワードで集客してやろうと、自分本位なキーワードの詰め込みをしてしまいがちです。(そしてそれはペナルティを受けやすいことを今回解説をしました)

一方、S&Eパートナーズが行った検証によると、「見込み客のリテラシーに合せ、複数のタイトル案の中から”心に響くもの”を選ぶ」だけで、アクセスが1.5倍に伸びるそうです。

 

アクセスが増えるタイトル作成のコツ

  • 目標キーワードを必ず含める
  • 見込み客のリテラシーに合せたものを作る
  • 複数案作成し、心に響くものを選ぶ

 

作業手順としてはたったこれだけでアクセスが1.5倍に伸びるそうなので、ぜひあなたも試してみて下さい。

詳しくはS&Eパートナーズさんの記事が分かりやすいので、ぜひチェックして下さいね。

合わせて読みたい

 

上位表示を狙いやすくするSEOライティングの方法

続・内的SEOの勉強会

 

あなたも記事作成をするならより少ない記事数で効率よく上位表示を目指したいと思いますよね。

もちろん、記事タイトルの作成もSEOに影響は与えますが、実はそれ以上に大切なのは記事そのものの品質なんです。

そこで今回はささみサロンですごく評判の良かった「SEOライティング」の要点をまとめた動画を紹介します。

 

SEOライティングのコツ

  • 目標キーワードを挿入すべき3つの個所とは?
  • Googleにも人間にも好まれるライティング方法とは?
  • SEOライティングで必要な12個のポイントとは?etc

 

内的SEOの勉強会シリーズの動画はすごく膨大で、2021年2月の時点でパート12まで増えてしまっています(笑)

ただ、ペラサイト量産までのノウハウであればパート4までをみれば十分稼げるようになるので、アフィリエイトで本気で稼げるようになりたいのならさっそくチェックして下さい。

きっと他のどのアフィリエイターも発言して来なかった新しい知見を手に入れることができますよ。

合わせて読みたい

 

成約率を高める穴埋め式記事作成の方法

ペラサイトの記事作成勉強会

※画像引用元:アトリエ「ペラサイトの記事作成勉強会_Full」より

 

あなたも一度は「記事タイトルは作れても、記事本文の作成にどうしても時間が掛かってしまう…」みたいな悩みを抱えた経験がありますよね。

実際、僕が運営するささみサロンでも「記事が書けません」という悩みを抱えたメンバーが多く困っていました。

ですが、今回紹介した「成約率を高める穴埋め式記事作成の方法」を紹介したところ、メキメキとサロンメンバーも成長し、初ペラサイトで初報酬みたいな嬉しい現象も起こるようになりました。

 

記事作成のコツ!

  • 細かいことは気にしない
  • まずは3文字でいいから書いてみる
  • ペラサイトを完成させる穴埋め式の記事作成とは?

 

ペラサイトの記事作成は「こまけぇこたぁいいんだよ」の精神から始めることが本当に大切です。

この勉強会動画ではアフィリエイト初心者向けに、僕が記事作成に苦しんでいた時の経験を思い出して解説したオンラインセミナーになっています。

記事作成のスピードを少しでも高めたいと思っているあなたにすごくおすすめなので、ぜひチェックして下さいね。

合わせて読みたい

 

「1記事1キーワードの原則」で見込み客に合わせたタイトルがベスト

どんな記事も欲張らず「1記事1キーワード」で書くことが大切や
焦らずキーワード数だけ記事を書くことが一番の対策に繋がるんですね。

記事を書くのが辛い人ほど、少ない記事数で上位表示を狙いたいが為に、色んなキーワードを記事タイトルに詰め込もうとしがちです。

ですが、解説した通り、記事タイトルに無関係なキーワードを詰め込むのはSEO的には明らかにマイナスです。

そのため、SEOに強い記事タイトルを目指すときは、必ず「1記事1キーワードの原則」で記事を作成するようにしましょう。

 

ささみりん流「記事タイトルの作り方」

 

ペラサイトにしろブログにしろ、記事タイトルの作り方は「分かりやすさ」がまず大切です。

その上で、キーワードの数だけ記事タイトルを作成する「1記事1キーワードの原則」を守って記事タイトルを作成すれば、ペナルティを恐れずに良質な記事タイトルを量産できるようになります。

更に効果的な記事タイトルの作り方についてはささみサロンで解説しているので、本気で稼ぎたい人ほど必ずチェックして下さいね。

フロービジネスからの脱却に向けて一緒に頑張っていきましょう(`・ω・´)ゞ

合わせて読みたい
フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真剣な」オンラインサロン

日本一「真剣な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG