売れる記事の書き方|アフィリエイトで稼ぐために

要するに

  • 売れる記事とは「成約率の高い記事」のことではない
  • 「見込み客が求める情報」だけを書けば自然と売れる
  • まずは相手の立場に立って考えてみること

こんな事が書かれた記事です。

売れる記事を書きたいけれど書き方が分からない、どうやれば売れる記事が書けるのか分からない、こんな事であなたは困ってはいませんか?

せっかく毎日記事を書いているのに、自分のサイトから売上が発生しないと気持ちも萎えてしまいますよね。

実はアフィリエイトでモノが売れない時の原因は、記事の書き方に原因があるのではなく、見込み客の選定に問題があるケースがほとんどです。

 

売れる記事とは「成約率の高い記事」ではなく「砂漠で水を売る」記事

 

動画でも解説した通り、あなたが売れる記事を書けるようになりたいのなら、まずは「売りやすい見込み客」を選定することが大切です。

そして見込み客を正しく選定した後は、「売れる文章」ではなく「クリックされる文章」を書くことで初報酬に繋がります。

今回はアフィリエイトで稼ぐための「売れる記事の書き方」について解説をするので、初報酬を出したい人ほど真剣に読んで下さいね!

 

売れる記事とは「砂漠で水を売る」記事のこと

「欲しい人」を見つけてきたら「売れる記事」なんて余裕やで
「砂漠で水を売る」のがアフィリエイトの基本なんですね。

冒頭でも解説した通り、売れる記事とは「成約率の高い記事」ではなく「砂漠で水を売る」記事のことを指します。

例えば、本業で忙しい人にささみサロンを紹介するのと、アフィリエイトで稼ぎたい人にささみサロンを紹介するのでは、どちらが売りやすいでしょうか?

 

売れる記事とは「見込み客」を正しく見極めた記事のこと

 

動画でも解説した通り、僕らアフィリエイターが意識すべきは「成約率の高い記事」を書くことではなく、「成約率の高いお客さん」を探すことなのです。

だからこそ、売れる記事を書くための始めの一歩とは「アフィリエイトしたい商品の見込み客は誰なのか?」という「砂漠で水を欲しがる人」を探すことになるのです。

アフィリエイターの場合、ライティング技術を磨く以上に大切なことなので忘れないで下さいね。

合わせて読みたい

 

売れる記事を書くための3つのコツ!

売れる記事を書くには「広告配置・見込み客・リード文」の3つが大事やで!
見込み客が求める情報だけを書くことが何よりも大切なんですね。

売れる記事を書くときは「適切な広告配置・見込み客に寄り添う・リード文にこだわる」の3つに集中すると上手く行きやすいです。

その中でも「見込み客に寄り添う」≒「見込み客が求める情報だけを書く」ことは、売れる記事を書くときに重要な項目となります。

 

売れる記事の書き方で大切な3つのポイント

 

売れる記事を書くときに必要なのは、小手先のテクニックを磨くことではなく、見込み客が求める情報だけを書くことです。

アフィリエイトの情報が欲しい人に転売の話をしても意味が無いように、まずは「相手(見込み客)が求める情報は何か?」を考えることが何よりも大切なのです。

これを磨くだけでも成約率はびっくりするほど上がるので、あなたも今すぐ試して下さいね!

 

売れる記事の条件①:興味を持たせてクリックさせる

アフィリエイトで売れる記事とは「広告がクリックされる記事」のこと

 

当たり前に感じるかもしれませんが、アフィリエイトで稼ぐためには適切な位置に広告を挿入することが本当に大切です。

例えば、あなたはアフィリサイトで広告のクリック率が高い場所がどこか知っていますか?

多くのアフィリエイターは「クリック率の高い広告配置」を知らないままに、適当に広告を張り付けているケースが大半です。

つまり、クリック率の高い位置に広告を張り付け、見込み客が興味を持ってクリックするように文章で誘導することが何よりも大切なのです。

 

クリック率の高い場所

  • ファーストビューに掲載された広告
  • リード文直下の広告
  • フッター箇所のオーバーレイ広告

 

これらの位置にアフィリエイト広告やアフィリエイトリンクを配置するだけで、あなたのサイトのクリック率は本当に跳ね上がります。

ライティング技術を磨くよりも簡単に実行できるので、今すぐ実行しましょう。

 

売れる記事の条件②:見込み客が求める情報だけを書く

アフィリエイトで売れる記事は「見込み客が望む答え」が書かれた記事

 

売れる記事を書きたいなら「見込み客が求めている情報」を書くことが重要です。

動画ではささみサロンのメンバーが作成したサイトを紹介しましたが、このサイトのように見込み客が求める答えと違う内容を書いてはダメです。

まず最優先させるべきは「見込み客が求める情報(≒答え)をファーストビューに分かりやすく掲載する」ことです。

 

1stビューに答えを載せる理由

  • 結論の見えない記事は敬遠される
  • 期待した答えがないと訪問者は離脱する
  • 期待通りの答えが1stビューにあると記事を読む

 

WEB上の訪問者は非常にわがままで「自分の期待通りの答え」が1stビューに表示されないとあっさりと離脱します。

Googleで「ポジションゼロ」という検索結果を返すようになったのも、ユーザーのわがままを叶える為に整備された仕様なのです。

「答えが後ろにあるとユーザーは記事を探すだろう」という考えはもはや通用しないので注意しましょう。

合わせて読みたい

 

売れる記事の条件③:成約率の高いリード文を作成する

画像

 

売れる記事を書くための最も基本的なテクニックとして「リード文の作成にこだわる」という方法があります。

リード文とは「文章の書き出し、冒頭の部分」を指しますが、このリード文で見込み客が求めるベストアンサーを分かりやすく提示し、アフィリエイトリンクをクリックさせることに拘って下さい。

そうするだけで、あなたのサイトの成約率は驚くほど高まります。

 

リード文を作る時のポイント

  • 見込み客が誰かを明確にする
  • 見込み客が求める情報だけを書く
  • 問題の解決方法がリンク先にあると約束する

 

多くのアフィリエイターはあまりやりたがりませんが、ささみりんが記事を書くときは思いっきり見込み客を限定した書き方をします。

これは案件選定やキーワード選定の時点で、見込み客の属性が自動的に狭まっているためです。

ビビって幅広いお客さんを取り込もうとしても、見込み客に刺さらない記事の書き方になってしまうので、あまりおすすめしません。

それよりも「この人に届けばいい!」という記事の書き方をしていくと、面白いほど反応が取れるようになるので、勇気を出して試してみて下さいね。

合わせて読みたい

 

(重要)売れる記事を書くために大切なこと

売れる記事を書くにはどうしたらいいでしょうか?
売れる記事を書くなら合わせて知るべきことがあるんやで

売れる記事を書くための方法論はたくさんありますが、実はアフィリエイトで磨くべきライティング技術はそこまで多くありません。

むしろ、アフィリエイトで稼げるようになりたいなら、記事作成よりも大切な「案件選定」や「SEO対策」を身に付けた方が効率よく稼げるようになるんです。

 

売れる記事を書く前に、売れる案件を探すこと!

 

冒頭でも伝えた通り、売れる記事を書いてもアクセスが来なければいつまでもゼロ円アフィリエイターのままです。

一方で、アクセスが発生するサイトさえ出来たら、記事内容に多少の問題があっても念願の初報酬は発生するのです。

これらの方法論については「ささみサロン」で徹底的に解説しているので、もしあなたがフロービジネスから脱却したいと本気で思うなら、今すぐささみサロンに参加して下さいね!

 

Tips①:売れる案件をさっさと見つける方法

アフィリエイト案件の探し方

 

もしあなたが売れる記事を作りたいと思っているなら「売れる案件」を扱うことが一番手っ取り早いです。

住宅街なら人参やジャガイモが売りやすく、ビジネス街ならカレーが売りやすく、ネット上にも「売りやすい案件」があるのです。

「案件選定の勉強会」では、ささみりんが10年間アフィリエイトをした結果、たどり着いた「最も効率よく案件を選定する方法」について解説をしています。

このオンラインセミナーをチェックすれば、あなたも売れる案件がどれなのか、一目で分かるようになりますよ。

合わせて読みたい

 

Tips②:同じ案件でも記事を量産する方法

同じ案件を使って記事を量産する方法

 

同じ案件やキーワードで記事を量産することは、ペラサイト量産の基本テクニックと言えます。

ですが、1案件だけで記事を量産しようにも、思うように手が進まず、挫折してしまった経験があなたにもありませんか?

そんな時は、「同じ案件でも記事を量産する方法」という動画がすごくおすすめです。

この方法をチェックすれば、一瞬でキーワードや記事ネタや広がるので、毎日の記事作成がうんと楽になりますよ。

合わせて読みたい

 

Tips③:上位表示できる「12個のSEOライティング」

SEOライティングで大切な12のポイント

 

今回は「売れる記事」について解説をしましたが、動画でも話した通り、「売れる記事」と「上位表示する記事」とは全くの別物です。

むしろ僕らアフィリエイターは「上位表示する記事」を先に身に付けない限り、いつまで経ってもゼロ円アフィリエイターを抜け出すことができません。

そして、ここで解説した「12個のSEOライティング」をマスターすれば、ペラサイトでも面白いほど上位表示するようになります。

もしあなたが効率よく上位表示する記事を量産したいなら、このオンラインセミナーの内容は必見なので今すぐチェックして下さいね!

合わせて読みたい

 

アフィリエイト報酬が発生しない3つの原因

報酬が上がらん原因は「案件・キーワード・SEO」が大半なんやで
売れる記事が原因になることはほとんどないんですね。

今回は売れる記事を書くコツについて解説をしましたが、ぶっちゃけ、アフィリエイトで売れる記事を書くことはそこまで重要ではありません。

むしろ、売れる記事を身に付ける前に「売れる案件・売れるキーワードを選定し、SEO対策で上位表示を目指すこと」の方が遥かに大切なのです。

 

アフィリエイトで初報酬を出すためには?

 

売れる記事を書けた方が成約率が高くなることは言うまでもありません。

ですが、アフィリエイトで最優先すべきは「見込み客がやってくるサイトを作ること」です。

あなたがどれだけ成約率の高い記事をが書けたとしても、SEO対策で上位表示しなければ意味がないのです。

このカテゴリでは売れる記事を書くための方法論について解説をしますが、ぜひ売れる記事の勉強と合わせて、以下の方法論もしっかりとマスターして下さいね!

合わせて読みたい

 

売れる記事を書くとは「見込み客の立場に立つこと」

売りたいなら「見込み客の立場に立つこと」が何よりも大事やで!
「相手が求める答えだけを書く」のが売れる記事のコツなんですね。

家電やアパレル、携帯ショップなどに行くと、いらない接客トークを永遠と受けた経験があなたにもありませんか?

なぜ、あの接客トークを「うざい」と感じるのかと言うと、あなたがそれを「求めていない」からです。

逆に、同じ接客トークでも、こちらの問い合わせに適切に答えてくれている時は、ありがたい存在に感じた経験もあるはずです。

要するに、僕ら見込み客とは「こっちが知りたい時に、必要な情報だけ、分かりやすく教えろ」という至極わがままな存在なのです。

 

売れる記事の書き方には「見込み客の立場に立てる力」が大事

 

多くの人は「売れる記事」を書こうとすると、色んな情報を盛り込もうとしがちですが、それは間違いです。

「売れる記事」とは「見込み客が求める情報だけを適切に分かりやすく簡潔に伝えられた記事」なのです。

そして、分かりやすく簡潔に伝える為のテクニックとして、ライティング技術を伸ばす必要があるのです。

売りたければ、まずは相手の立場になってみること。

この基本的な部分さえ押さえていれば、あなたも売れる記事がどんどん書けるようになるので、今すぐ実践して下さいね。

 

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真剣な」オンラインサロン

日本一「真剣な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG