記事タイトルの作り方①「目標キーワードは必ず挿入する」

要するに…

  • 「目標キーワード」とは「上位表示を狙うキーワード」のこと
  • 目標キーワードはできる限り左側に寄せるのが基本
  • 初心者ほど例外や応用パターンを避けたタイトル作成が大事

こんな事が書かれた記事です。

以前「SEOに強い記事タイトルの作り方!」について解説をしましたが、その中で「目標キーワードは必ず挿入する」という事を解説しました。

そこで今回は「目標キーワードの挿入方法」について具体的に解説をしたいと思います。

また、この記事はシリーズものになっているので「もし検索エンジンからやってきたぜ★」って人は、下の記事一覧から読み進めていくと、SEOライティングのコツが大変よく分かる仕組みになっています。

ぜひお気に入り登録をしながら順番に読み進めて行って下さいね(`・ω・´)ゞ

参考記事

 

「目標キーワード」とは「上位表示を狙うキーワード」のこと

上位表示を狙いたいキーワードを目標キーワードって言うんや!
SEO業者などによっては対策キーワードと呼ぶこともあるんですね。

あなたがペラサイトやブログで記事を作成するとき、どうやって記事を書きますか?

SEOに強い記事タイトルでも解説した通り、狙ったキーワードで上位表示を果たすには、まず目標キーワードをしっかりと定める必要があります。

そして、目標キーワードとは「上位表示を狙うキーワード」のことを指しています。

 

目標キーワードとは上位表示を目指したいキーワードのこと

 

ブロガーの多くはあまり目標キーワードを考えた記事作成をしませんが、それはかなり勿体ない行為です。

Google上でアクセスを集めるためには何かの検索クエリで上位表示を果たす必要があるため、「どの記事をどのキーワードで上位表示させるのか?」を考えることが効率よくアクセスを集めるための第一歩となります。

つまり、少ない労力で効率よくアクセスを集めるには、目標キーワードの設定は基本中の基本テクニックと言えるのです。

通常、ペラサイトなら目標キーワードの設定は必須です。

一方、ブログやコンテンツサイトを運営する場合、目標キーワードを設定した方がいい場合と、あえて設定しない場合があります。

両者の違いについて詳しく知りたい場合は、合わせて下の記事も読むとSEMの戦略が広がります。

合わせて読みたい

 

目標キーワードはGoogleにも人間にも必要な情報

記事タイトルに目標キーワードが含まれると、Googleも人間も主題が予想しやすくなるんやで
記事タイトルを分かりやすく作るためにも目標キーワードは大切なんですね。

目標キーワードを設定する理由は主に対GoogleへのSEO対策ですが、実は人間に対しても「分かりやすい記事タイトル」としてアピールできる効果があります。

例えば、喜久屋書店の書籍検索で「アフィリエイト」と検索した場合、当然ですが検索一覧には「アフィリエイトで〇〇」と言った本がズラズラと並びます。

 

記事タイトルに目標キーワードが含まれることで人間にも分かりやすくなる

※画像引用元:「喜久屋書店の書籍検索」より

 

あくまでこれはGoogle検索ではなく喜久屋書店の検索ですが、どの検索エンジンを使うにしても、検索キーワードを含まれた記事タイトルを設定した方がロボットにも人間にも認知されやすいことは間違いありません。

それと同時に、人間にとっても左側に検索キーワードが含まれた書籍が並んだ方が、目的の書籍にたどり着きやすい傾向があると言えるのです。

つまり、記事タイトルを作成する時は、対Googleや対人間のどちらに対しても「目標キーワードを必ず挿入する」ことはSEO対策の基本と断言できるのです。

 

(参考)Googleガイドラインにも目標キーワードの表記がある

Google検索でも記事タイトルに目標キーワードを含めることを推奨している

※画像引用元:Google検索「検索アルゴリズムの仕組み」より

 

これはGoogle検索の「検索アルゴリズムの仕組み」より抜粋してきた画像ですが、Google自身も「キーワードが登場する頻度やページ上の場所(タイトル、見出し、本文中など)について分析します。」と明記しています。

つまり、狙ったキーワードで上位表示を果たしたいなら、まずは記事タイトルに目標キーワードを挿入することが、最初のスタートラインになるのです。

だからこそ記事タイトルには目標キーワードを必ず挿入し、記事本文にも適切な流れと頻度で目標キーワードを挿入するようにしましょう。

ただし、Googleは目標キーワードの登場回数だけで評価を決めているのではなく「クエリに対する答えが含まれているページかどうかを見極める」と明記しています。

つまり、目標キーワードの挿入は基本であり、その上で「検索クエリに対するベストアンサーなのか?」を総合的に判断しているということです。

闇雲にキーワードを入れるのではなく、検索クエリに対してのベストアンサーを考え続けることを忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

 

目標キーワードはできる限り左側に寄せるのが基本

記事タイトルの左側に目標キーワードを寄せた方が分かりやすさが増しやすいで
基本ができてから応用を考えた方がいいんですね。

次に、SEOに強い記事タイトルを作るコツとして「目標キーワードはできる限り左側に寄せる」のが基本だと思って下さい。

Googleは英語圏で育ったアルゴリズムのため、主語の明確化に重きを置いたアルゴリズムとなっています。

そのため、日本語のように色んな修飾語の付いた主語(日本一真面目なオンラインサロン「ささみサロン」みたいなの)はあまり受け入れられません。

そのため、記事タイトルに目標キーワードを挿入するときはできる限り左側に挿入するようにしましょう。

 

目標キーワードは記事タイトルの左側に寄せるのが無難

 

もちろん、この考え方にも色んな例外パターンはありますが、まずは基本をマスターしておくことが大切です。

基本の記事タイトル設計である「目標キーワードは左側に寄せる」が出来るようになってから、応用的な記事タイトルを作るようにしましょう。

 

(事例1)書籍出版でもキーワードは左側に多い

目標キーワードは左側に寄せることで人間にも分かりやすくなる

※画像引用元:「喜久屋書店の書籍検索」より

 

上の画像の通り、書籍検索などでもキーワードを左側に寄せた書籍タイトルが多いです。

恐らくこれは、書籍を検索した時にユーザーに分かりやすい書籍タイトルを考え続けた結果、この形に落ち着いたと言えます。

もちろん、皆が左側に寄せたタイトルだと差別化ができないので、あえて簡単な修飾語を入れる場合もありますが、その辺は応用的な話です。

まずは「目標キーワードは左側に寄せる」という基本ルールを身につけましょう。

 

(事例2)Googleの検索セントラルでも左側を指示している?

検索セントラルでも記事タイトルは分かりやすく設定することを推奨している

※画像引用元:Google検索セントラル「検索結果に適したタイトルとスニペットを作成する」より

 

一般的には「左側に目標キーワードを挿入した方が上位表示されやすくなる」という見解がありますが、この辺りはGoogleから正式な発言はありません。

ただ、Googleの検索セントラルによると「読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます」と記載されていることから、分かりやすい記事タイトルを作るの重要性を読み取ることができます。

そして、喜久屋書店の書籍検索の事例などから考えるに、Googleにも人間にも分かりやすい記事タイトルとは、目標キーワード(主語)を左側に寄せた記事タイトルであると言えそうです。

ちなみに。

目標キーワードを左側に寄せなくても上位表示ケースも沢山あります。

これはGoogleが総合的な評価を行って検索結果を返しているだけに過ぎず、左側が無意味という根拠になるものではありません。

あくまでGoogleは相対評価で検索結果を決めるアルゴリズムなので、変なブロガーの意見に騙されないようにしましょう。

参考記事

 

(サンプル)目標キーワードを左側に寄せた記事タイトルの事例集

目標キーワードを左側に寄せた記事タイトルの事例

 

動画でも解説しましたが、人間もGoogleも文章を読むときは「左から右へ」読み進めようとします。

そのため、検索ユーザーが検索クエリから考えている「解決したい事」を正しく読み取って、適切な記事タイトルを作れるかが重要と言えます。

一度慣れてしまえば割と簡単にできるので、慣れるまでは何度でも練習してGoogleにも人間にも好まれる記事タイトルの作成を研究しましょう。

 

初心者ほど例外や応用パターンは避ける

まずは「目標キーワードは左側に寄せる」を徹底して覚えるんや!
基本テクニックを覚えてから応用や例外を考えることが大切なんですね。

今回はSEOに強い記事タイトルを作るためのコツとして「目標キーワードは左側に寄せる」という方法を紹介しました。

ぶっちゃけ、目標キーワードを左側に入れる方法は、ライバルとの差別化であえて左側からずらす方法や、他の複合キーワードを含めてタイトルを作る方法などもあります。

ただ、そういった例外や応用パターンなどから入ってしまうと、基本を忘れた方法しか覚えなくなるため、あとで苦労しやすくなります。

狙ったキーワードで上位表示を確実に狙いたいのなら、初心者ほど焦らず目標キーワードを左側に寄せることから取り組むようにしましょう。

 

初心者ほど目標キーワードは記事タイトルの左側に寄せる

 

他にもSEOに強い記事タイトルを作る方法は色々とありますが、まず大原則として「目標キーワードを左側に寄せる」ことが大切です。

この基本テクニックが当たり前のように身に付いてから、例外パターンや応用的な方法を身に付ければ何の問題もありません。

一つの記事だけで100点を叩き出そうとするのではなく、100個も1000個も記事タイトルを作り続けて、Googleやユーザーが感動する記事タイトルの作成を目指しましょう。

実はSEOに強い記事タイトルの作り方は他にもあります。

今回は「目標キーワードを左側に寄せる」という方法だけを紹介しましたが、更なるテクニックを知りたい場合は、合わせて下の記事も読むと理解が深まります。

少ない記事で効率よく上位表示を目指すためにも、これらのテクニックは必ずマスターしましょう。

参考記事
フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真剣な」オンラインサロン

日本一「真剣な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG