「売れる記事」の書き方|アフィリエイトは見た目よりも中身!

要するに

  • 売れる記事とは「砂漠で水を売る」記事のこと
  • まずは広告主が設定した見込み客を正しく見抜く
  • 見込み客が求める情報だけを徹底して書く

こんなことが書かれた記事です。

アフィリエイトで売れる記事を書けるようになりたい!だけど、どうやれば売れる記事が書けるようになるのか分からない…あなたもそんなことで困ってはいませんか?

一度売れる記事について考えだすと、何が正解か分からなくなって、快調だった記事作成の手も止まってしまいますよね。

僕も10年間アフィリエイトを続けてきましたが、売れる記事を書くのは今でも模索を続けています。

ですが、少なくともアフィリエイト用の売れる記事については、一定の結論が見えたのでこのブログにまとめることにしました。

結論から言えば、アフィリエイトにおいて売れる記事とは、以下の3つの条件を満たした記事だと思って下さい。

 

アフィリエイトの売れる記事の書き方で大切な3つのこと

 

もしあなたがアフィリエイトで売れる記事を書けるようになりたいなら、今紹介した3つの方法を守ることがすごく大切です。

特にアフィリエイトの場合、見込み客が求める情報だけを書いて行くだけで、驚くほど成約率が高くなります。

今からこれらの理由についても順番に解説していくので、売れる記事の書き方が知りたい人は、一緒に勉強しましょう(`・ω・´)ゞ

 

売れる記事の基本は「見込み客」の見極めから!

売れる記事を書きたいなら「まずは見込み客が誰なのか」をきちんと意識することが大事やで!
見込み客の見極めが成功したらあっさり売れるんですね

以前書いた「売れる記事の書き方」でも書きましたが、売れる記事とは「見込み客を正しく見極めた記事」のことを指します。

例えば、ささみサロンを誰かにおすすめしようとした場合、UberEatsの兄ちゃんに声を掛けるのか、副業を頑張りたい主婦に声を掛けるのかで、成約率は最初から決まってしまいますよね。

こんな感じで、アフィリエイトにおいて売れる記事とは「砂漠で水を売る」状態が理想形であると、まずは考えて下さい。

 

売れる記事とは「見込み客」を正しく見極めた記事のこと

 

もちろん、実際には砂漠で水を売れる状態に持ち込めるケースはレアです。

ですが、多くのアフィリエイト初心者ほど、広い客層を狙いに行った記事を作成しがちです。

まずは「この案件を欲しがる見込み客は誰なのか?」をきちんと考えた上で、記事を作成することから始めましょう。

合わせて読みたい

 

売れる記事の書き方で守るべきルールは3つ!

売れる記事を書きたいなら「見込み客・記事構成・リード文」の3つに時間を掛けるのが大切やで!
基本を忠実にした方が売れる記事は書けるんですね。

動画の終盤でちらっと解説をしましたが、売れる記事の書き方でもっとも大切なのは「①見込み客が求める情報・②売れる記事構成・③リード文への注力」の3つです。

売れる記事を書くためのテクニックは色々とありますが、アフィリエイト初心者のうちは、まずこれら3つのルールを守るだけで成約率の高い記事が書けるようになります。

 

売れる記事の書き方

  1. 見込み客が求める情報だけを書く
  2. 売れる記事構成を考える
  3. リード文にこだわる

 

この中でも特に重要なのは「見込み客が求める情報だけを書く」ことなので、まずはここを徹底的にマスターして下さい。

これは上っ面の考え方ではなく、徹底的に突き詰めて考えていくことで、驚くほど効果が上がる方法です。

あなたもぜひ試して下さいね!

 

ルール①:見込み客が求める情報だけを書く

売れる記事を書くには「見込み客が求める情報」だけを書くのが鉄則

 

上の画像はささみサロンのメンバーが提出したサイトですが、このサイトの問題点は「見込み客が求める情報」がファーストビューに書かれていないことです。

多くのアフィリエイト初心者は、重要な情報ほど後ろに引っ張って文章を読ませようとしますが、それは間違いです。

今の時代、ファーストビューで見込み客が求める情報が書いていないと、すぐに離脱する時代になりました。

そのため、まずは「見込み客が知りたい情報ほどファーストビューに掲載する」のが、売れる記事の第一歩に繋がります。

 

見込み客が求める情報だけを書く

  • 広告主が想定する見込み客を正しく見抜く
  • 見込み客が知りたい情報を適切に見抜く
  • 見込み客が求める情報をファーストビューに書く

 

例えば、「商品名+価格」の記事を作成した場合であれば「どこが一番安くおすすめなのか?」を一番最初に表示するべきです。

仮に、その商品価格が10万円や20万円と言った高額商材であっても、その商品がいかに適切でお値段以上であるかを見込み客に伝えることが大切です。

この辺りのより詳しい解説は、過去に作成したサロンメンバーのサイト事例を交えて解説しているので、下の記事も併せてチェックして下さい。

合わせて読みたい

 

ルール②:売れる記事構成を考える

(編集中)

合わせて読みたい

 

ルール③:リード文にこだわる

(編集中)

合わせて読みたい

 

(参考)売れる記事と同じくらいSEO対策も忘れない!

初報酬を出したいなら、ライティングよりも、案件選定やキーワード選定の勉強から始めた方がいいで!
まずは見込み客がやってくるサイトがないと話にならないんですね…

今回は「売れる記事の書き方」について解説をしていますが、ぶっちゃけ、アフィリエイト初心者はライティングよりも案件選定やキーワード選定から学んだ方が初報酬の近道になります。

と言うのも、アフィリエイト報酬は「アクセス数×クリック率×成約率」で計算されるため、まずは「見込み客からのアクセスが発生するサイト」を作ることが何よりも大切だからです。

 

初報酬を発生させるには「アクセス」をまず伸ばすこと

 

動画では娘(3歳)のトイレタイムを挟みつつ解説をしましたが、まず優先すべきは「案件選定・キーワード選定」を行って適切な見込み客を選定することです。

そして見込み客の選定が完了すれば、「SEO対策」で狙ったキーワードで上位表示をさせて、見込み客を呼び込むことが大切です。

特にアフィリエイト初心者ほど「案件選定・キーワード選定・SEO対策」という基本がめちゃくちゃなので、これらの要素をぜひささみサロンで勉強して下さい。

ささみサロンでは、フロービジネスからの脱却を目指し、ペラサイト・ブログ・コミュニティの3つの視点から解説を行っています。

また、今なら初月無料・月額3000円で参加することができるので、サロン会費が値上がりする前に参加する方が絶対にお得です。(2021年3月時点)

フロービジネスからの脱却に向けて一緒に頑張りましょう(`・ω・´)ゞ

今なら初月無料!

 

初報酬を目指すなら「見た目よりもまずは中身」

初報酬を出したいなら、まずはライティングを磨いた方が早いで
見た目を気にするよりライティングを頑張りたいと思います♪

動画の中盤でも解説をしましたが、あなたが一日も早く初報酬を発生させたいのなら、「サイトの見た目」より「サイトの中身」にこだわった方が絶対に早いです。

下の2サイトは、ささみりんがコンサル開始後、約2週間で初報酬まで導いたサイト事例ですが、サイトの見た目はかなり酷いです(笑)

 

アフィリエイトで初報酬を伸ばすのに見た目は関係ない

 

ぶっちゃけ、こんなサイトで初報酬が狙えるなら、あなたもアフィリエイトで結果を出せそうな気がして来ますよね(笑)

実はアフィリエイトって「やるべき事をやれば誰だって結果を出せる」”すごく分かりやすいビジネス”なんです。

サイトの見た目を気にする前に、今回解説した通り「見込み客が求める情報だけを書く」ことで、あなたも必ず初報酬を出すことができます。

ささみサロンではアフィリエイト初心者の人も分かりやすく丁寧に解説をしているので、あなたもぜひ参加して下さいね。

フロービジネスからの脱却に向けて一緒に頑張っていきましょう(`・ω・´)ゞ

フォローと拡散お願いします(`・ω・´)ゞ
>日本一「真剣な」オンラインサロン

日本一「真剣な」オンラインサロン

・副業をはじめたい!
・新規獲得だけのアフィリから解放されたい!
・今の状況をとにかく変えたい!

もしあなたが真剣に今のフロービジネスから脱却したいと考えているのなら、一緒にストック型ビジネスに挑戦していきませんか?

無名の弱小ブロガーがたった3日間の募集で40人をすぐに集めた、伝説のオンラインサロンはこちら

CTR IMG